sobalier-maejima(ソバリエ前島)

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/14第77回蕎麦屋de819会は浜町かねこで開催します

<<   作成日時 : 2015/09/17 15:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第77回蕎麦屋de819会は浜町かねこで開催します。浜町かねこは蕎楽亭で修行された金子さんが開業されたお店です。(今回もこなもん屋さんの紹介です。
皆様の参加をお待ちしています。

【会場】 浜町かねこ
【電話】  03-4291-3303
【日時】 10月14日 水曜日 18時30分〜
【予算】 3500円プラス蕎麦前
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13186028/

【住所】 住所 東京都中央区日本橋浜町3-7-3
交通手段
東京メトロ 半蔵門線 水天宮前駅から約4分
東京メトロ 日比谷腺 人形町駅から約7分
都営新宿線 浜町駅から約6分
水天宮前駅から298m


出欠は下記調整君へご記入ください
https://chouseisan.com/s?h=1ff41819662b4b6594716fced0cdf004

●十月の季語 五句 (例句もご参照)

後ほどおしらせします

○投句は9/30 水曜日 午前中【厳守】にてかめ女さん宛にお願いします
○評価結果は10/7 水曜日午前中迄にかめ女さん宛に送信ください

当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

日に二度のバス待つ朝や薄紅葉 26 途夢
鰯雲ふうと吹いたら片寄れる 23 恵果
息ひそめ釜の蓋取る茸飯 14 芙芙
おい柘榴、齢六十三なるぞ 14 亀一
木犀にベンチ半分譲りけり 13 ひろ花
夕散歩木犀の香にふりかえり 11 聖
長十郎主(あるじ)逝きても届きをり 11 直人
九十九折り君と幾年薄紅葉 11 途夢
曼珠沙華亡母の座布団そのままに 10 登喜子
大女柘榴喰らひてすましをり 10 途夢
垂直に落ちぬ余生や薄紅葉 10 芙芙
新蕎麦に川越産と太く書く 10 健哲
連山のふくらんでゆく薄紅葉 10 蕎子
薄紅葉やがて降りくる裾模様 10 うさぎや
夏の日を封じ込めたる割れ柘榴 9 西音寺
新米を大盛りにして太い指 8 健哲
籠溢れ笑みも溢れて茸狩 8 恵果
くさびらの社殿に詣づる丸き背な 8 かめ女
柘榴割れ機は熟したと腹を決め 7 麻幹
新蕎麦や浅く椅子など引いてみる 7 ひろ花
秋澄むやジャズのビートに街弾む 7 今村
廃村の庭に今年も柘榴熟る 6 健哲
秋の蝶イヴモンタンを懐かしむ 6 芙芙
蕎麦畑皆一斉に腰伸ばし 6 直人
柘榴裂け覗く血赤の怪しけり 6 登喜子
実柘榴や人喰ふやうな色をして 6 恵果
ラグビーのスクラム硬し柘榴の実 5 芙芙
パレットのやうなる傘屋秋の昼 5 悦花
人の世もかくあれかしと茸汁 5 今村
鬼平を繙き蕎麦前秋日和 5 今村
宮城に進駐群の茸かな 5 クッシー
薄紅葉トラクターの土ふくふくと 悦花
初茸やOB球は見つからず 茄子
割れるのは何の宿命か柘榴球 聖
薄紅葉妙義の山のおもてなし 直人
陽を集め赤き宝石割れ柘榴 清華
柘榴爆づガーネット否ルビーかな 宏久
彼岸花主なき家にも咲き満ちて 蕎子
夕日映ゆちとあでやかな薄紅葉 宏久
手に掬い陽の透き通る薄紅葉 島兎
内緒だと店主新蕎麦そっと出し 恵果
古稀越えもますます上戸新酒かな 宏久
女工らの通ひし道も薄紅葉 恵果
蕎麦粥は酔ひ覚ましてふ出羽の秋 途夢
堰堤の水面一本薄もみぢ 茄子
蕎麦武道見取り稽古で夜長かな 麻幹
らんらんと愁ひ光らせ月夜茸 亀一
松茸は焼きが一番聞きかじり 麻幹
北斎も愛でし小布施の栗と蕎麦 芙芙
松茸に苦みで挑む黒茸 清華
目印の切株探すキノコ狩り 直人
薄もみじ少女の問いに揺れにけり かめ女
空を掃く箒の先に鰯雲 清華
悪態もさみしさなりし柘榴の実 蕎子
ねずみ大根蕎麦打ち会を狙い蒔く 春彦
稜線に山賊の影そばの花 亀一
四国まで行く気かしらん柘榴かな 島兎
新しきお賽銭箱ざくろ置く 悦花
名も知らぬ村の祠に薄紅葉 健哲
奥深きダムを守るや薄紅葉 清華
蕎麦掻を旨しと思えておとななり うさぎや
茸飯大盛にして三杯目 健哲
宿坊を過ぎて榛名の薄紅葉 ひろ花
新蕎麦を競りあい喰らう幸福よ 聖
円陣のかけ声高く柘榴かな ひろ花
登高やキャップのつばを横にして 亀一
山襞の土の声聴く茸とり 蕎子
盆の上肴盛りたる柿紅葉 俳蘭人
満月の上がりて金座銀座かな 悦花
図鑑とは色が少々もどき茸 春彦
七十路来て母恋うる歌秋桜 春彦
在りし日の帯に柘榴の祖母おもう うさぎや
採れた採れたはみ出るほどの茸汁 宏久
青空と大平原の草紅葉 島兎
さあ行くぞ夕餉を賭けた茸狩り うさぎや
石榴喰み微笑むオンナのおどろしさ 茄子
豪雨にも耐えし新蕎麦御待ち兼ね 宏久
空高し現れいずる薄紅葉 西音寺
燗もよし冷もまたよしきのこバター 西音寺
他の客に内緒にしてねと走り蕎麦 茄子
橅林山装うや白神で 麻幹
早かった昨年よりも薄紅葉 麻幹
故郷の思い出一杯茸汁 聖
横一線蕎麦刈りの束信州人 茄子
秋茄子にたっぷり染み込むせいろ出汁 西音寺
おはぎ食べ香と漂う金木犀 西音寺
風優しムーミン谷の茸かな ひろ花
秋の日に二株残る蕎麦畑 清華
茸狩り遊ぼ遊ぼと風誘う 登喜子
老い行かばせめて真似たし薄紅葉 聖
晴天のマグマの宿るザクロかな 直人
碧い空仙石原の草紅葉 島兎
列島を蕎麦前線縦断す 蕎子
バス揺れし少し寒いわ薄紅葉 登喜子
笑い茸喰らうてみんか空笑い 俳蘭人
秋花の歌よ娘の菩薩笑み かめ女
きのこ山基地に秘密持ちにけり 島兎
芋はなくスーパームーンに蕎麦を喰う 俳蘭人
実石榴や誰も覗かぬ庭に咲く 今村
滝殿に1人佇みきみを待つ 俳蘭人
チャペルまでなだりの道を薄紅葉 亀一
十三夜凡人なりや月見食う 登喜子
茸汁広がる香りせいろかな クッシー
幾山を越へて恵みの茸汁 途夢
昭和記念公園こもれびの丘薄紅葉 春彦
棒投げてきみは名捕手柘榴受く 俳蘭人
はみ出してひょろりしなしな柘榴かな 春彦
常陸野の臨海公園蕎麦の花 かめ女
薄紅葉東京タワーとグラデーション 今村
密やかな二つ柘榴を抱きをり かめ女
紅一点哀しき別れ薄紅葉 クッシー
ラグビーや歓びの波秋の夜 クッシー
雁や煌煌と照る空影絵のごとし うさぎや
毒茸見つけて笑ひたくなりし 悦花
遠き道辿る峠の石榴かな クッシー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 画像
10/14第77回蕎麦屋de819会は浜町かねこで開催します sobalier-maejima(ソバリエ前島)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる