sobalier-maejima(ソバリエ前島)

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/26 第82回の蕎麦屋de819会は池袋の一久庵で 開催します

<<   作成日時 : 2016/03/27 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第82回の蕎麦屋de819会は池袋の一久庵 開催します。一久庵は蕎麦屋酒の古川修さんが推薦しているお店で先日もお酒の会を開催した名店です。日本酒の取り揃えは十分です。皆様の参加をお待ちしています

【会場】 一久庵 サンシャインシティ・アルパ(B1)
【電話】  03-3985-3361
【日時】  2016年4月26日火曜日 18時30分〜
【予算】  3500円 飲み物別
【住所】 東京都豊島区東池袋3-1 アルパB1

交通手段   
池袋駅から徒歩8分位
東池袋駅から321m
営業時間
11:00〜20:00
ランチ営業、日曜営業

一久庵のURL
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13052519/

出欠は下記調整君へご記入ください
https://chouseisan.com/s?h=39d190f7eb8441da9f1df1d3024ebf2c

●4月兼題1人5句
後日お知らせします

○投句は4/12曜日 午前中【厳守】にて亀一さん宛にお願いします
○評価結果は4/19月曜日午前中迄に亀一さん宛に送信ください
当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

入学のしっかり握る母の袖 18 春彦
花冷えやちぐら一つに猫二匹 16 聖
武者絵から頼光飛び出す春の夜 16 恵果
春昼や沖より雨の匂ひ来る 12 途夢
カフェラテにうさぎの絵浮く春の昼 11 登喜子
亀鳴くや一言居士も舟をこぐ 11 今村
見上げたる空はみ出すや花の雲 11 聖
山門に「花見随意」と掲げたる 11 途夢
春昼や猫コンクリに腹を干す 10 春彦
千枚田一山まるごと春耕す 9 蕎子
恩師逝く春蕎麦畑かぎろへり 8 聖
花吹雪立ち去りがたく立ち尽くす 8 恵果
降りそそぐ枝垂桜にとけ入りぬ 7 登喜子
歩いても歩いてもまた花吹雪 7 賢哲
アズールの空翔る夢春の昼 6 聖
ランドセル列なし歩き春昼や 6 賢哲
一片の花いづくより空深し 6 春彦
花散りて上野の夜は空っぽに 6 蕎子
合コンや爪の桜が競い咲く 6 芙芙
春日傘上ぐれば真上にスカイツリー 6 今村
大の字に花浴びながら風に乗る 6 蕎子
八重ざくら背中あはせのふたりかな 6 悦花
麗らかや鐘の音聞こゆハ長調 6 聖
待ちぼうけ酒に蕎麦掻き猫柳 5 うさぎや
そばの具は芹か三葉かたらの芽か 伊藤
ポケットから花ひとひらの余韻かな 恵果
心中は穏やかならぬ春の昼 俳蘭人
決心も揺らぐ一夜やおぼろ月 登喜子
天感じ魚氷に上がる親孝行 俳蘭人
父母の時間にひたる春の昼 蕎子
老木や力瘤溜め天に花 芙芙
春の昼五臓六腑に酒滲みる 芙芙
笑い皺増える友との浅蜊蕎麦 芙芙
猫鳴きてついまどろみし春の昼 うさぎや
立ち止まる人なき駅のチューリップ 島兎
文豪の好物頬張る春の昼 恵果
花二片蕎麦屋の土間に落ちてをり 途夢
桜貝龍の鱗か一瞬の夢 芙芙
桜蘂ふる上野の山のパゴダかな 悦花
春めくやざる一枚の声かろし 今村
往く春や未練に煙る小糠雨 途夢
古利根の水音高き春の昼 悦花
春昼にうわばみ共が行き倒れ 伊藤
春昼にリュックの背中歩きたり 賢哲
春昼や化粧の香り漂いて 島兎
税務署を出で犬ふぐりいぬふぐり 悦花
朝餉まで一仕事終え春の朝 賢哲
悲しみの欠片も無しに木の芽晴れ 登喜子
珈琲をいや生を頼まむ春の昼 今村
"
「流石」てふ蕎麦屋の個室花の夜
" 悦花
しっとりと花のトンネル独り占め クッシー
ネクタイゆるめ春昼の欠伸かな 島兎
花の下ここで死ねたら本望よ 恵果
花咲ふ薄紅そばに風甘し 登喜子
みなし子と連翹の木立にてめぐり会ふ 伊藤
一竿の風月北の空向く紫木蓮 伊藤
駅そばに山菜ありて春の思う 賢哲
花邑を抱え今宵は一人酒 俳蘭人
霞立つ桃色映えて母智丘 クッシー
外苑に露店も無きや花筏 今村
桜そば食ふてどっぷり花の中 蕎子
桜花舞う花はちりぎわ人は死に際 伊藤
山笑う足元に浮くモコモコや クッシー
柔らかき春雨のなか柿芽吹く うさぎや
春の宴十割蕎麦の凌ぎかな クッシー
春の宵値千金花おぼろ うさぎや
春の昼芝に大の字散る眺め クッシー
春一番サッシの外に舞うほこり 俳蘭人
春暑し公園で喰う蕎麦稲荷 俳蘭人
春昼やTシャツ似合う蕎麦畑 島兎
松籟や十割蕎麦打つ湯の加減 春彦
千年の塚の上に花誰偲ぶ 春彦
庭一面散る木蓮の華やかさ うさぎや
道端のレンゲ草に春を聞く 島兎
閉村の一期(いちご)に桜散りにけり 途夢

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 画像
4/26 第82回の蕎麦屋de819会は池袋の一久庵で 開催します sobalier-maejima(ソバリエ前島)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる