6.蕎麦屋 漱石 

画像


1.神楽酒造見学
2.神代庵訪問記録
3.夜神楽に参加
4.天庵訪問記録
5.椎葉村の焼き畑蕎麦について
6.蕎麦屋 漱石訪問記録
宮崎訪問記録のシリーズ第6弾は阿蘇の蕎麦屋漱石への訪問編である。つれづれそばのyさんのご希望がありこのお店ははずせなかった。椎葉村から三時間を見積もっていたがそれほど掛からず営業時間の午後15時まてには入店ができた。
蕎麦や漱石
http://www.sobaya-souseki.com/
お店の歴史はホームページより抜粋した。歴史が一目でわかるようになっている。
1996年 5月 東京都保谷市(現、西東京市)にて石臼挽き手打ち蕎麦「おもちゃ箱」開店。
1999年 5月 福島県南会津地方の畑まで蕎麦作りに通う。
2000年 11月 玄蕎麦からの自家製粉を始める。
2001年 11月 蕎麦をすべて生粉打ち(十割)にする。
2002年 1月 店名を「蕎麦や漱石」に改名。
2003年 5月 東京での「蕎麦や漱石」閉店。
2003年 11月 九州・南阿蘇にて「蕎麦や漱石」蘇る。
■お店情報
◇営業時間 午前11:30~午後4:00 (但し、売り切れにて終了)
◇定休日   火・水曜日 (但し、祭日は営業いたします)
◇店内禁煙
■所在地〒869-1404熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽3781-1
■TEL0967(67)0504

店名の由来は写真にある故事から取られたようだ。ご主人に聞くとご丁寧に由来を見せていただき親切に説明をしてくれた。提供されるそばについてはホームページに詳しく書いてあるので参照した。
◆朝碾24(あさびき)     【冷】 1000円      【温】 1050円
◆玄舞(くろまい)        【冷】 1100円     【温】 1150円
手挽きの玄そばと、丸ヌキをブレンド。自然製法の天日塩でも味わってください。
※当店の蕎麦は、すべて国産にて、生粉打ち・十割です。
今年もあちこちから蕎麦が集まってきています。全国各地の、それぞれのおいしさをお楽しみください。 
〔薬味〕
ワサビ(静岡産) 辛み大根(熊本産、及び国内産)ねぎ(熊本産、及び国内産)
〔酒〕
日本酒(純米、特別純米、純米吟醸) ビール(エビス中瓶)

画像


画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 高千穂・椎葉村記録・霞の会ブログへ投稿

    Excerpt: 霞の会のブログが半年間不具合があり投稿が不可であったがやっと復旧した。本日は高千穂・椎葉村訪問記録をまとめて投稿した。 Weblog: sobalier-maejima(ソバリエ前島) racked: 2010-01-05 16:01
  • 1.神楽酒造見学(神楽の舞)

    Excerpt: サントリーさんのそば焼酎「神楽の舞」のリニュアル品発売にあたり江戸ソバリエ霞の会の有志がテイスティング及びグループインタビューのお手伝いをさせて頂いた。その縁によりこの度、その酒造会社である神楽酒造を.. Weblog: sobalier-maejima(ソバリエ前島) racked: 2013-11-14 10:43