6/18第54回蕎麦屋de819会は大塚の岩舟で開催します。

画像

第54回蕎麦屋de819会は大塚の岩舟で開催します。多数の方の参加をお待ちしています。

【会場】蕎・馳走 岩舟 (きょう ちそう いわふね)
【日時】6月18日 火曜日 18時30分~
【予算】3500円ブラス蕎麦前

TEL・03-3987-9266
住所 東京都豊島区南大塚3-53-9 毛塚ビル 1F
交通手段
JR山手線 大塚駅 徒歩1分
都電荒川線 大塚駅前停留所 徒歩1分

大塚駅南口を出て左手の横断歩道を渡り、三菱東京UFJ銀行の前を右に曲がり歩いてすぐです。
または南口出て右手の横断歩道を渡り、突き当りを左折してもいいです。

大塚駅前駅から106m
営業時間
12:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業
定休日
日曜日、第2・第4月曜日

ホームページにて地図も参照ください
http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13017041/dtlrvwlst/1210214/

出欠は下記にお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=d6604ebffca3943d9c5eef5b8dcc0c1f

●六月の季語 五句 (例句もご参照)
●蛍  まだなにも怖くなかつた草蛍   吉田悦花
●苺  悪女かも知れず苺の紅つぶす   三好潤子
●黒南風(くろはえ)  黒南風や迷惑メール来るよ来る  吉田悦花
●「久」 の一字を一句のなかに詠み込む
●自由一句

○出欠は6/4 火曜日迄にご返事をお願いします
○投句は6/4火曜日 午前中【厳守】にて下記直人さん宛にお願いします
○評価結果は6/11火曜日午前中迄に直人さん宛に送信ください
当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

第53回蕎麦屋de819会は御清水庵宮川in浅草橋で開催します

画像

第53回蕎麦屋de819会は浅草橋の御清水庵宮川で開催します。

【会場】御清水庵宮川(Osyouzu‐an M. )
【日時】5月21日 火曜日 18時30分~
【予算】3000円ブラス蕎麦前

TEL・予約03-6795-1192
住所 東京都台東区浅草橋4-10-2 稲垣ビル1F
交通手段 JR総武線浅草橋駅 西口 徒歩3分 浅草橋駅から270m
営業時間 月~土曜日11:45~14:00 17:30~22:00(L.O.21:00)

お店のホームページにて地図も参照ください
http://ameblo.jp/echizen-soba-bar/

出欠は下記にお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=30163a9cb81f777f06b5db266c9aed8c

●五月の季語 五句 (例句もご参照)

●初夏(しょか・はつなつ) 
初夏のシマウマの縞はちきれさう 吉田悦花
●若楓(わかかえで)    
弟子達の弓の稽古や若楓 中村吉衛門
●四十雀(しじゅうがら)  
四十雀来てゐて赤き産着裁つ  坪野文子
●「道」の一字を一句のなかに詠み込む
●自由一句

○出欠は5/7 火曜日迄にご返事をお願いします
○投句は5/7火曜日 午前中【厳守】にて下記くりはらさん宛にお願いします
○評価結果は5/14火曜日午前中くりはらさん宛に送信ください
当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

画像
画像
画像
画像

第52回蕎麦屋de819会は東長崎の麺工房遊・そば処で開催しました

画像

第52回蕎麦屋de819会は東長崎の麺工房遊・そば処で開催しました。16名の参加者で投句は94句ありました。次回は浅草橋のお清水庵 宮川で開催します。

【会場】店名:麺工房遊・そば処遊
【日時】4月23日 火曜日 18時30分~
【予算】3000円ブラス蕎麦前
住所:東京都新宿区西落合3-24-14
電話:03-3950-9001
交通:大江戸線落合南長崎駅徒歩8分
西武池袋線東長崎駅下車徒歩10分
JR中野駅から江古田行き中12バス、水道タンク前下車徒歩3分
JR池袋・目白駅から西落合1丁目バス停下車徒歩5分

お店のホームページにて地図も参照ください
http://men-yu.peewee.jp

●兼題(5句/一人)

桜 散りぎはの桜とさくら睦みあふ   吉田悦花
石鹸玉 しやぼん玉底にも小さき太陽持つ  篠原 梵
囀(さえずり) 囀りや母となりたる妻ねむる    山崎ひさを
麗か うららかに雲ひきよせし象の鼻   吉田悦花
「真」の一字を一句のなかに詠み込む、または自由一句

画像

画像


■評価
【評価方法】
1.お気に入りの俳句に下記の評点をする。
 「天」 1句  5点
 「地」 1句  4点
 「人」 1句  3点
 「客」 5句  1点

2. 評価結果
吹く子より追ふ子の笑顔石鹸玉 22 游卯
道化師の無言の唄よ石鹸玉 20 途夢
朝桜一人仰げば皆仰ぐ 19 恵華
夜櫻や水の中からみるやうな 18 亀一
しゃぼん玉路地の端まで透き通る 18 ひろ花
うららかやまた一つ知る君の癖 18 恵華
しゃぼん玉ななめにふくれふるふるる 17 亀一
引越しのトラック去りて桜舞う 12 直人
花吹雪わたしを呼んでゐる誰か 11 悦花
しやぼん玉追つて根岸の行き止まり 11 悦花
うららかや玉子二個割るフライパン 9 悦花
麗らかや天神の亀石の上 8 游卯
朝まだきしじまに浮かぶ薄桜 7 途夢
水際まで枝伸ばしをり老桜 7 清子
発条(ぜんまい)をキコキコうららかな居留守 7 亀一
墨流し拡がる樽見の大桜 6 真亞奈
吹き終えてひとりぼっちに石鹸玉 6 恵華
望遠で梢の囀り切り取りぬ 6 健一
うらうらと肉球押してはひっかかれ 6 雅美
真実はどっちでもイイ四月馬鹿 6 雅美
囀りを蹴散らして行く烏二羽 5 清子
麗らかやジャスミンティーの冷めてゆく 5 直人
風光り奏でる調べはハ長調 5 道人
髭面が渋茶啜りたり桜餅 健一
桜見た?今なら声もかけれそう 雅美
三羽めが来るや俄かに囀れり 途夢
真っすぐな道山頭火と歩きたり 健一
和解なく石鹸玉は消えて行く 茶輩
しゃぼん玉熱帯魚のごと連なりて 宏久
囀や軒に吊られし竹の籠 島兎
麗かや田毎に溶ける雲の影 途夢
厳格な父をサボる春うらら 島兎
転職の間のたつきも麗らけし 晴彦
北向きの花冷えの窓静かなり ひろ花
寝そべっておーいと叫ぶ春の土手 直人
花いずこ桜香るる蕎麦湯かな 俳蘭人
ひらひらと逝きたし車夫の夢桜 真亞奈
枝々の先の先まで糸桜 恵華
惜しまれて散りし桜の如く逝く 游卯
しゃぼん玉寝そべる頬をちょい濡らし 道人
聞き慣れぬ囀目覚む旅の宿 游卯
囀りや梢の先まで揺れている ひろ花
日曜はトーストの香も麗らかに 健一
卒業す吾子が背中で語る夢 途夢
田園に四百年の桜かな クッシー
写メられ微動だにせず桜猫 茶輩
遅桜師逝くを知らぬ比叡詣 かめ女
人住めぬ「夜の森桜」爛漫と 清子
石鹸玉飛び散る色のシンフォニー クッシー
しゃぼん玉アイツの頭に吹いてみる 雅美
しゃぼん玉束の間いのち輝けり 清子
シャボン玉爆ぜ虹色の音見へし 宏久
月曜は週のはじまり囀れり 亀一
囀りや駅の階段駆け上がる 俳蘭人
囀りにまったく動かぬ風見鶏 道人
麗らかに手足伸ばして深呼吸 俳蘭人
麗らかやまどろみ誘うあくび猫 清子
春うらら親子で走る萌える土手 道人
春嵐すべてを止め一休み クッシー
卒業写真見て飽きもせず倦みもせず 亀一
桜散る名残惜しむカナルカフエ 島兎
夜桜や華やぐ最後の日曜日 ひろ花
一本や三春(みはる)の桜守の里 真亞奈
さまざまな想い出がある桜散る 島兎
桜舞い花びら追って踊る孫 道人
別涙の頬にひとひら花の下 宏久
家居して花吹雪浴ぶ婚以来 晴彦
飽きもせずジャングルジムで石鹸玉 俳蘭人
公園の小さなカオスやシャボン玉 健一
真面目にも不真面目にも見ゆシャボン玉 恵華
そば打ちの終わり告げるるシャボン玉 島兎
不器用に毀れるしゃぼん玉の恋 真亞奈
しゃぼん玉弄びし手よ檻のうち かめ女
シャボン玉一人遊びの鬼ごっこ 直人
シャボン玉や笑い百態寄席帰り 晴彦
さえずりや森の静けさ破る恋 クッシー
朝もやにさえずり響く住宅街 雅美
囀れる枝にかかりし白き球 悦花
ホケキョウ囀りを真似君を呼ぶ 茶輩
囀りやいないないばあの白き腕 真亞奈
さえずりの行く先尋ねしすべり台 かめ女
囀りや天に染み入る広野原 宏久
囀りや声を限りに駕籠の鳥 直人
囀りや発表会の朝の歌 晴彦
うららかに葉にのる滴数える目 クッシー
大嵐老婆の談話麗かに 茶輩
うららかや嵐夜明けの傘の花 かめ女
うららかにさざめく水面小石飛ぶ ひろ花
麗らかに野に大の字や眠りたし 宏久
真こもぶね亜さひにむかい奈みはのじ 俳蘭人
真心のちいさな二文字囀れり 悦花
真鰯や涙目こらえ泳ぎきる 茶輩
公園の真中にうたかた花筏 かめ女
真贋を問いつ行く春安倍野かな 晴彦

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

大阪「砂場」の蕎麦の味が、どんなものであったのか『蕎麦のソムリエ』講座

画像

昨年より興味深い講座、感動のイベントに参加しています。それは下記の二点です。蕎麦鑑定士は全国で75名の有資格者となった。私も資格を取得できました。こちらの受講者は現役の蕎麦屋さんが多いようだ。先日も筑波で寄った蕎麦屋の店主が鑑定士の資格を取得されている方でした。鑑定士の有資格者めぐりの食べ歩きも計画してみたい。
(『蕎麦鑑定士』養成講座)http://sobaweb.com/sobakanteishi/と(『蕎麦のソムリエ』講座)
http://sobaweb.com/sommelier/である。
このたび京都の尾張屋で開催されたイベントは蕎麦のソムリエ講座である。詳細は下記参照。
講座は、主催者の片山虎之介氏を含め、4人の講師がおはなしされた。
1. 「本家 尾張屋」さんのご主人、稲岡傳左衛門(いなおか でんざえもんさん)さん。
2.上方の蕎麦についてお詳しい、勢見 恭造(せみ きょうぞう)先生。
3.大阪民俗学研究会代表の、田野 登(たの のぼる)先生。
4.蕎麦Web主催の片山虎之介先生の登場でした。

画像


(関係するサイトへのリンクは、こちらです)
会場となる京都「本家 尾張屋」さん
http://www.honke-owariya.co.jp/
勢見 恭造先生のサイト「大阪・上方の蕎麦」
http://www10.ocn.ne.jp/~sobakiri/
田野 登先生のブログ
http://ameblo.jp/tanonoboru/

画像
画像
画像

ソバリエブログ 464686 件 達成です

画像


ブログを開設してもう九年となります、ビックローブ事務局より下記ご案内をいただきました。ヒット数は 464686 件 になりました。見返すと懐かしい内容も思い出されます。

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  ブログを開設してから、もうすぐ9周年!!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

ウェブリブログに登録してから、あと2日で9周年になります。
ウェブリブログ事務局のまーさです。
ご利用いただき、ありがとうございます!

sobalier-maejima(ソバリエ前島)
http://fwgj.at.webry.info/


この9年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・

464686 件 になります。


過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから
新たな気づきが生まれたりするものです。

最初に書いた記事は "蕎麦情報交換の場" でしたね
  http://fwgj.at.webry.info/200404/article_1.html
2年目は " 【情報系】 ヘッドセットから解放!簡単接続で快適にSkypeが楽しめる" でした
  http://fwgj.at.webry.info/200505/article_1.html
3年目は "未訪問リスト・鎌倉「竹の家」" でした
  http://fwgj.at.webry.info/200603/article_12.html
4年目は "Town Cryer 日比谷" でした
  http://fwgj.at.webry.info/200703/article_27.html
5年目は "第三回霞の会 俳句会" でした
  http://fwgj.at.webry.info/200803/article_28.html
6年目は "第11回梅酒研究会ー明利酒類見学" でした
  http://fwgj.at.webry.info/200903/article_28.html
7年目は "第306回CBI学会講演会" でした
  http://fwgj.at.webry.info/201003/article_15.html
8年目は "泰明庵in銀座" でした
  http://fwgj.at.webry.info/201103/article_17.html
9年目は " 日経おとなのOFF・カレー南ばん 三朝庵" でした
  http://fwgj.at.webry.info/201203/article_22.html

ブログを始めてから、あなたのライフスタイルは変わりましたか?
ぜひ、今の思いをブログに記録しておいてください。

後で見直すと非常に貴重な記録になります。

4/23第52回蕎麦屋de819会は東長崎の麺工房遊・そば処で開催します

画像

第52回蕎麦屋de819会は東長崎の麺工房遊・そば処で開催します。

【会場】店名:麺工房遊・そば処遊
【日時】4月23日 火曜日 18時30分~
【予算】3000円ブラス蕎麦前

住所:東京都新宿区西落合3-24-14
電話:03-3950-9001
交通:大江戸線落合南長崎駅徒歩8分
西武池袋線東長崎駅下車徒歩10分
JR中野駅から江古田行き中12バス、水道タンク前下車徒歩3分
JR池袋・目白駅から西落合1丁目バス停下車徒歩5分

お店のホームページにて地図も参照ください
http://men-yu.peewee.jp

出欠は下記にお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=6385c60dd01aaba2dcdb1331cf3e9dce

●兼題(5句/一人)

桜 散りぎはの桜とさくら睦みあふ   吉田悦花
石鹸玉 しやぼん玉底にも小さき太陽持つ  篠原 梵
囀(さえずり) 囀りや母となりたる妻ねむる    山崎ひさを
麗か うららかに雲ひきよせし象の鼻   吉田悦花
「真」の一字を一句のなかに詠み込む、または自由一句

○出欠は4/2 火曜日迄にご返事をお願いします
○投句は4/9 火曜日 午前中【厳守】にて下記吉田道さん宛にお願いします
○評価結果は4/16火曜日午前中吉田道さん宛に送信ください
当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

第51回蕎麦屋de819会・冨の藏in新宿御苑終了

画像


第51回蕎麦屋de819会・冨の藏in新宿御苑開催しました。初参加の1名を含めて17名参加、句は100句が寄せられた。次回は東長崎のそば処遊の予定。
【会場】新宿手打ち蕎麦 冨の藏
【日時】3月19日 火曜日  18時30分~
【場所】〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5新進ビル1F
    TEL 03 (6380) 4445
【予算】3000円ブラス蕎麦前

お店のホームページにて地図も参照ください
http://www.tominokura.jp/店舗情報/

●三月の季語 五句 (例句もご参照)
春の水    春水にゆらめくことば掬ひたし   吉田悦花
山笑ふ    故郷やどちらを見ても山笑ふ    正岡子規   
啓蟄     啓蟄の空のふちより煙かな     吉田悦花
山葵     午後の日の雪嶺づたひや山葵採   藤田湘子
「前」または「島」の一字を一句のなかに詠み込む
自由句

■評価
【評価方法】
1.お気に入りの俳句に下記の評点をする。
 「天」 1句  5点
 「地」 1句  4点
 「人」 1句  3点
 「客」 5句  1点

2. 評価結果
幼な児が掬へば逃ぐる春の水 途夢 29
検診を終へ啓蟄の深呼吸 遊卯 23
前をゆく正に敏なる島うさぎ 俳蘭人 14
山笑ふ秘湯の窓の開かるる 途夢 12
天目指し樹幹を上る春の水 道人 10
啓蟄や新しき靴履いてみる 恵華 10
ネクタイを肩に撥ね上げ水の春 亀一 8
夜桜や少し粧(めか)した母が居て ひろ花 7
春の雪こんなところにほくろかな 花兎 7
春の水スパンコールをこぼしけり 直人 7
山笑う翠の風になれ、私 薫 7
シャッターを上げれば啓蟄のひかり 亀一 7
涙目で山葵味わう伊豆の旅 雅美 6
道祖神数へ数へて山葵かな ひろ花 6
初恋は啓蟄の午後敗れたり 薫 6
春の水心の氷解けてゆく 茶輩 6
山笑ふ牛の鳴く声野に積もる 道人 6
山葵採る地球は六角かも知れぬ 亀一 6
むかし道筧に山葵二つ三つ 杉村春彦 6
ヒャクニンノジャンケンポンヤ山笑ふ 亀一 6
湧水を啜る背中や山笑ふ 宏久 5
清らかな時間に生きる山葵かな 薫 5
啓蟄にむずかる吾子の歯生えそむる かめ女 5
気がつけば目の前にゐし春の猫 恵華 5
一休み道ふリ向けば山笑ふ 遊卯 5
伊豆育ち山葵漬けにも美学持ち 恵華 5
パステルの色を重ねて山笑う 嶋兎 5
路地ごとに春呼ぶ雨や佃島 途夢
清水の命を受けて山葵あり 道人
春の水優しい声が聞きたくて 嶋兎
春の水生まれ溢るる柿田川 遊卯
春の闇まどろむ老犬夜明け待つ 直人
歯ブラシの持ち手の反りよ春の水 花兎
子らの声響けば山も笑ひけり 恵華
啓蟄の靴みがく音かろやかに ひろ花
遺伝子についての講義笑う山 嶋兎
まっすぐに立ち昇る煙山笑う 直人
せせらぎに伸びする猫と春うらら ウリエル
あすなろの少年駆けたか山葵沢 真亜奈
前掛けに夢つめこんで家事こなし ウリエル
啓蟄の冬眠覚めて職探し 茶輩
啓蟄の空は花粉とピーエムか 嶋兎
銀河まで刺激突き抜く山葵かな 健一
福島の怒り忘れぬ3・11 清子
新人のぎこちない笑顔春の水 雅美
春の水西日ゆらめく黄金(きん)の泡 かめ女
山葵擂り遠く眺めて蕎麦を待つ 俳蘭人
啓蟄や燗か冷かの縄暖簾 宏久
啓蟄やダウンコートのうす汚れ 雅美
蕎麦打ちの洗う手清し春の水 俳蘭人
山葵田で泣いてソフトを舐めし君 真亜奈
ここからが大河となりし春の水 嶋兎
エメロンの香りこぼれて山笑う ひろ花
燗酒を前にひとこと言い出せず 健一
噴水もウキウキと跳ね春の水 健一
福島の桜前線八重に咲け 杉村春彦
湯治場や玉藻靡かふ春の水 宏久
樟脳の香も芳しく啓蟄や 健一
春の風トレンチコート山葵色 茶輩
山笑ひ風微笑みてハミングす 清子
山葵沢束ね抜いても流れ澄む 直人
山葵商ふ翁の指の皺 かめ女
啓蟄や出口の見へぬフクシマに 宏久
啓蟄やカーネギーまた読み返す 杉村春彦
啓蟄やシューズの紐を編みなおす 途夢
啓蟄にお陽さまふわり衣着せ ウリエル
縁側の布団フカフカ山笑ふ 健一
伊豆の海向かいあわせし山笑ふ かめ女
ひたすらにこまかく刻む茎山葵 花兎
トラッドのスーツ似合うと山笑ふ 真亜奈
ちやぷちやぷとひよつこりひようたん島の春 亀一
今年もまた山の便りや春の水 真亜奈
白波や伊豆の島々かすみたる 遊卯
島流しされたい花粉のない場所へ 薫
初春やつぼみ連なる紅と白 雅美
春水や黄色の空を反射して 薫
春雨や島に忘れた願いごと 道人
春の水スカイツリーも思ふまま 恵華
耳たぶをかるくひつぱり山笑ふ 花兎
山笑う私も笑おう新年度 雅美
山笑う絵の具を溢し萌黄色 茶輩
山葵田を段々廻り清水(みず)流る 清子
山葵田の掻き分けし水かほるかな 宏久
山葵だよ横向く君にきゅんとする ウリエル
源流の里の茶会や春の水 杉村春彦
啓蟄や孫のブランコ土ぼこり 道人
啓蟄やローラーボードに起こされる 直人
啓蟄の首を左右にふつてをり 花兎
啓蟄ぞ鳥そこここに練習中 俳蘭人
暁闇に鵺が微睡む(ぬえがまどろむ)山葵沢 途夢
郷土の森囲む嶺々山笑う 杉村春彦
越後路の雪の谷底春の水 清子
芋植へむ啓蟄の土耕せり 清子
伊豆島で猫のあくびと蒲公英野 茶輩
伊豆を行く友の話に山笑ふ 俳蘭人
伊豆の駅山葵の茎を買いにけり 遊卯
累々の死屍啓蟄悪夢かな 真亜奈
ほらごらんくすぐる風に山笑ふ ウリエル
ボックス席前をりし娘(こ)の春袷 かめ女
さらさらと池に落ちるや春の水 ひろ花
画像
画像
画像
画像
画像
画像

下野ソバリエ『八溝そば街道』の推進

下野ソバリエの方々が『八溝そば街道』の推進のお手伝いをされている。ソバリエの社会活動の一環として下記紹介したい。下野ソバリエは松本政憲会長以下優秀なメンバーが揃っている。先日も個人会員所有の別荘で少し遅い新年会を開催した。その時に松本会長よりいろいろな活動のお話があり、下記の案内もご紹介された。是非ソバリエの皆様にもこの活動を知って頂きたいとおもい無理を言って宣伝させて頂く了解を頂いた。下記は松本会長が『八溝そば街道』だより第四号に掲載された内容である。

八溝そば街道推進協議会主催」による『八溝そば街道』としての本格的な研修と意見交換会が、2 月 20 日(水) 那須烏山市内で開催されました。お元気で出席されていた*福田八溝そば街道推進協議会長が、その時、この地にそばを主体にした新しい力強い風を起こすのだと会の名前を決められました。『八溝そば街道「蕎 風 会」』 と称します。この名のもとに集い、「八溝そば街道推進協議会」が主催する活動を応援するとともに、ソバの栽 培・調整・製粉・そばの打ち方、そして食べ方等について研鑽し、八溝のそばを広く発信して参りましょう。

*その後福田八溝そば街道推進協議会長がご逝去されその意志を次いだ「蕎 風 会」を広めるべく皆さんが活動されている。以下は添付のJPEGの写真を参照ください
画像

画像

ソバリエ企画 老舗とは・・・について語る会 

画像

江戸ソバリエ企画担当による「老舗」の魅力とは何でしょうか。の会へ参加した。以下案内文参照ください。

皆さんの心の中の「老舗」とは何でしょうか。
今回の企画は、解っている様でどこか取り留めのない「老舗」がテーマです。
改めてソバリエの皆さんで「老舗」を考えてみましょう。

1.三大暖簾に拘らない皆さんの考える「老舗」の蕎麦店を1~3軒程度訪問し食べ歩く。
2.皆さんにとっての「老舗」に関して感じた事、考えた事を添付のシート(老舗レポート)に
  ご記入ください。
  ※原則添付のシートに記入して頂きますが、添付のシート以外のフォームでも結構です。
3.参加者が一堂に集まり、飲みながら、蕎麦を食べながら、各人が考える「老舗」を語って
  頂きます。
     「老舗」に関し常々考えている事、食べ歩いて感じた事、気付いた事、
     「老舗」の良いとこ、嫌いなとこ、等々、、、、、、。

皆さんていしゅつされた資料はアーカイブとしてドロップボックスへ保管している。ご興味のある方はご連絡ください。公開は一応ソバリエ限定です。

画像
画像

苦みの少ない「韃靼そば」

画像

ソバリエのシック講座修了後に某社が新しく開発された苦みの少ない「韃靼そば」に関するアンケートに答えた。写真は乾麺タイプの三品種でしたがダッタンそばが一番美味しかった。特徴の黄色のそば湯は色が見事であった。にがみは無く良い出来でした。そば湯もペットにつめて数日間飲ませて頂いた。

画像
画像

江戸ソバリエ・ルシック 第3回特別セミナー

画像

江戸ソバリエ・ルシック 第3回特別セミナーへ参加した。「蕎麦前の二大おつまみ」テーマは下記の通り。

特別セミナー 1 14:00~15:00
蒲 鉾 小川 典江先生 ㈱小田原鈴廣 

特別セミナーⅡ 15:10~16:10
海 苔 大塚 健二先生 ㈱山本海苔店

16:10~16:20 年越蕎麦コンテスト表彰式

16:20~16:30 休 憩

特別セミナーⅢ 16:30~17:30
山葵 飯塚 篤先生 カネク株式会社

特別セミナーⅣ  17:40~18:10
山葵比べ  林 幸子先生 料理研究家
アトリエ・グー主宰

画像
画像


画像

第7回雲南の会・ネパール料理第2弾

画像

偶数月の第2金曜日開催する雲南の会も第7回となりました。前々回ネパールの蕎麦ソーセージを試作しましたが今回も友人のインディラ鈴木さんにお願いしてネパールのそは料理2品種試作してみた。詳細のレシピーは下記参照ください。

第7回雲南の会レシピー 2013.2.8桜台えんころ 雲南チーム
1 アロング ネパールのシェルパが食べる、蕎麦団子スープ
材料4人分
大根 10センチ位 皮ごと銀杏切り
マトン 200g
香辛料
パーパルピー
チリパウダー  
塩 少々
クミンパウダー
作り方
そば粉に水を入れてネバネバが出る迄かき混ぜる
北京鍋に油を入れて人口サイズに切ったマトンを入れてしっかりいためる
大根を入れて8分強火でいためる
クミンパウター、チリパウダーを入れる
塩少々入れて水を600cc加える
そば粉は小さく丸めてすいとんのようにスープに入れて強火で12分煮る

2 パーパルフロティー
そば粉のパンケーキ おやつ感覚
材料 1の残りのそば粉100g
バター 20g
砂糖 大さじ1から2

作り方 1のそば粉に水を加えて生地を緩める
砂糖を加えて混ぜる
フライパンにバターを入れて生地に流し込む
表面がこんがりする迄焼く

3 そば打ち ネパールのそば粉で蕎麦切り
材料 ネパールのそば粉 150g/水95g加水率58パーセント

画像
画像

写真の牡蠣はこなもんさんの差し入れでした。す餓鬼から焼牡蠣まで充分堪能させて頂きました。有り難うございました。
画像
画像

画像

3/19第51回蕎麦屋de819会・冨の藏in新宿御苑

画像


第51回蕎麦屋de819会は新宿御苑入り口近くの冨の藏で開催します。
【会場】新宿手打ち蕎麦 冨の藏
【日時】3月19日 火曜日  18時30分~
【場所】〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5新進ビル1F
    TEL 03 (6380) 4445
【予算】3000円ブラス蕎麦前

お店のホームページにて地図も参照ください
http://www.tominokura.jp/店舗情報/

出欠は下記にお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=d6185afbf096530aaad09d6c8f664539

●三月の季語 五句 (例句もご参照)
春の水    春水にゆらめくことば掬ひたし   吉田悦花
山笑ふ    故郷やどちらを見ても山笑ふ    正岡子規   
啓蟄     啓蟄の空のふちより煙かな     吉田悦花
山葵     午後の日の雪嶺づたひや山葵採   藤田湘子
「前」または「島」の一字を一句のなかに詠み込む
自由句

○出欠 3/4 月曜日迄にご返事をお願いします
○投句は3/11月曜日 午前中【厳守】にて下記宮本さん宛にお願いします
○評価結果は速やかに上宛に送信ください
当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

第50回蕎麦屋de819は神楽坂和可菜で無事終了

画像


第50回蕎麦屋de819は和可菜で開催しました。初参加の1名を含めて18名参加、句は100句が寄せられた。次回は新宿か横浜の予定。
【会場】神楽坂 和可菜
【日時】2月19日 火曜日  18時30分~
【場所】新宿区神楽坂4-7 03-3260-3769
【予算】4000円+そば前は持ち込みになります。

記念すべき第一回の句会は下記参照ください
http://fwgj.at.webry.info/200712/article_9.html

●二月の季語 五句 (例句もご参照)
蕗のとう  うつくしく束ねし蔵書ふきのたう  吉田悦花
余寒(よかん・寒が明けてなお残る寒さ) 鎌倉を驚かしたる夜寒あり 高浜虚子
猫の恋   恋の猫ムーミン谷に行つたきり   吉田悦花
山焼・野焼 野火哮るくらやみに帯解きをれば  中村苑子
「日」または「高」の一字を一句のなかに詠み込む
自由句

■評価
【評価方法】
1.お気に入りの俳句に下記の評点をする。
 「天」 1句  5点
 「地」 1句  4点
 「人」 1句  3点
 「客」 5句  1点

2. 評価結果
単線に待ち人ひとり蕗のとう 道人 20
鳥さへも白き息吐く余寒かな 島兎 15
墨汁の香り一面野焼かな 直人 14
自転車に枕干したり日脚伸ぶ 途夢 13
公園は柔らかい夜猫の恋 薫 13
バッケ味噌苦みあっぱれコップ酒 島兎 12
街路樹のまだ芽の硬き余寒かな 遊卯 12
野火さかりみなぎる力天焦がす 清華 12
大切な一言いえない余寒かな 島兎 12
わかったよどこにでも行け猫の恋 ハイランド 10
部屋の灯を落とせば余寒滑りこむ 清華 10
永き日に甲羅並びて池の石 クッシー 10
先生の葉書と蕗の董ふたつ 花兎 10
止め石や向こっ側に余寒あり 眞亜名 9
春の日や注射器充たすわたしの血 花兎 9
青畳合わせ目からも春の風 弘子 9
ひらひらと青空ゆるる野焼かな 亀一 8
口中をのぞかれてゐる余寒かな 花兎 7
宵の口キティーも恋の猫となり 健一 7
雪割りぬ握り拳や蕗のとう ハイランド 6
君だけとうそぶいてをり猫の恋 恵華 6
ビル街の陽だまり薄き余寒かな 途夢 6
円高を是正日銀春を呼ぶ 春彦 6
そっぽ向くふくら雀の意地っ張り 遊卯 5
猫の恋裏木戸くぐる夜更けかな 直人 5
ダミ声に秘めたる想い猫の恋 雅美 5
宇宙から三三五五に蕗のたう 亀一 5
片恋に似てほろ苦き蕗の薹 清子
木の間抜く日射し重たき余寒かな 直人
傷の肘揚げし湯舟や余寒かな 宏久
階段を駆け上がりたる余寒かな 弘子
踏切を越えて向こうの焼け野かな 弘子
野火うねりかん声聞こえし古戦場 道人
妙高の逃げやうも無き野焼きかな 島兎
目を閉じて白い荒野に蕗の薹 クッシー
野を焼きて目覚めるカルデラ大地かな 遊卯
野火の煙(けむ)見え隠れする婆(ばば)ひとり 眞亜名
節分夜巴里のまれびと声高し かめ女
別れし夜去る足音の余寒かな クッシー
ライバルのこゑに負けじと春の猫 眞亜名
ままならぬ日々を悔やみし猫の恋 遊卯
皺皺の衣重ねて蕗の薹 春彦
玉葱の浮苗を挿す余寒かな 春彦
狛虎の抱く余寒や神楽坂 恵華
桃色の空気あなたは蕗の薹 薫
和装襟しのび込みたる余寒かな かめ女
恋猫の見つめ合う距離少しずつ 清華
夕暮れて鐘の音響く余寒かな ハイランド
去勢され恋も知らずに猫老ひて  清子
くらやみのだんだん熟す恋の猫 花兎
山盛りの蕗のとうあり無人店 健一
懲りないの傷舐め出陣猫の恋 宏久
野焼き終え坊主頭もサッパリと 雅美
喫茶店さぼうるにゐて日脚伸ぶ 恵華
ロゼ添えて妻がはにかむ蕗のとう 途夢
蕗のとう猫額にも二つ三つ 宏久
胸中に残る寒さのハイウェー 亀一
夜早し商店街の余寒かな 道人
春の猫眼鏡の前を通り過ぐ 弘子
カラカラリ揚がり開くや蕗のとう 遊卯
幼き恋散りて足もとふきのとう 雅美
鶯や雨戸を開ける手を止めて 道人
高き夢土鍋空っぽ蕗の薹 眞亜名
山焼きて伝統野菜守りをり   清子
春の夢醒めしまなぶた火照りをり 花兎
シベリヤの最後のもがき余寒かな 健一
日高見や震災乗り越え華啓く ハイランド
虎走る一瀉千里の猫の恋 春彦
星影にたゆたふ春の目高かな 亀一
凍解て昨日と違う明日のあり 健一
雪の日の佇む鴉綿帽子 宏久
蕗の薹今年も迷わず顔出せり 直人
ほろほろの衣ふんわり蕗薹 かめ女
屋根の上ドタバタ歌劇猫の恋 道人
恋猫も願掛けするや浅草寺 恵華
ひらがなの如 煙昇りたり野焼きかな 健一
ほろ苦き想いかみしめ蕗の薹 清華
蕗のとう幼子の髪梳(と)きほぐす 弘子
料峭の避難生活果てしなき 清子
恋猫の朝日にフェード・アウトせり 亀一
壊れそう余寒に気づくミステイク 薫
日曜もまだ残雪の九品仏 薫
山焼きに花火舞い飛ぶ姦しさ ハイランド
山焼きの人出に酔ひて茶粥かな 途夢
義理チョコを肴に酔えず猫の恋 途夢
一線を超えた夕暮れ猫の恋 島兎
赤き橋三つ渡りて東風を待つ 直人
花束にもおままごとにもふきのたう 恵華
野火走り慌つ上衣で叩(はた)きし日 宏久
舐めるように野火がわたしを呼んでいる 薫
餌場消え鷺の群れ去る河普請 春彦
亡母と見し日高祭(奥州市)は雪頻り 清子
いも虫の蝶へ途(みち)半ば吐息ひとつ 雅美
ダブルベット寝返り自由猫の恋 クッシー
猫の恋国超えてゆけ我が想ひ かめ女
春光に目を細めれば山高し 清華
なんとなく名残惜しむや余寒の日 雅美
旅疲れ目覚め驚く朧月 クッシー
安南の野焼場になほ不発弾 かめ女
啓蟄のお日さま待ってるもぐら道 眞亜名

画像
画像
画像

人生の楽園 佐賀・唐津市 ~棚田で開いた古民家そば店~

画像

昨年訪問した九州唐津の狐狸庵と同じく唐津にオープンしているお店が紹介された。
今回の舞台は佐賀県唐津市。市の南に位置する相知町の山間に広がるのは、国の重要文化的景観に選定された“蕨野の棚田”。そのふもとで「そば処 和らびの」を営む百武兵衛さん(62歳)と妻の眞己子(56歳)さんが主人公です。
休耕地を増やさぬようにと棚田でそばを育てている兵衛さんと眞己子さん。美味しいそばで地域を元気にしようと頑張っているご夫婦が紹介された。
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/past/0209/

【お店情報】
棚田で有名な蕨野(唐津市相知町)に、”そば処 和らびの”がオープンしました。
蕨野棚田への玄関口にあるこのお店は、地場産のそば粉と、周辺の畑で獲れた新鮮な野菜を使った
ヘルシーなメニューが看板です。10年来こつこつとそば打ちの腕を磨いてきたご主人の百武さんの温厚なお人柄が、そばの味を一層引き立ててくれます。リーズナブルな価格はもとより、清流と緑に囲まれたロケーションもご馳走です。お薦めです。
(blogもりそばより転用させて頂きました。)

そば処 和らびの
住所:唐津市相知町平山上蕨野
電話:0955-62-4780
営業時間:AM11:30~ (要予約)

ソバリエ笑ィ八会新年会in冨の藏・新宿三丁目

画像

ソバリエの八期生の新年会は新宿御苑近くの「冨の藏」で開催された。ご主人の市川智康さんは本陣房で修業され以前は御徒町の吉仙におられ久々にお会いできた。若いご夫妻で活発に営業され愛想も良く交歓が持てるお店である。次回の蕎麦屋de819会の会場候補にあげたい。
●笑ィ八会新年会
日時:2013年1月26日(土) 17時30分~20時
場所:新宿手打ち蕎麦「富の蔵」
    東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル1F 電話:03 (6380) 4445
    東京メトロ丸ノ内線・新宿御苑前駅から徒歩1分
http://www.tominokura.jp/%E5%BA%97%E8%88%97%E6%83%85%E5%A0%B1/

画像


【お店情報】
新宿手打ち蕎麦 富の蔵
■住所〒160-0022
東京都新宿区新宿1-3-5新進ビル1F
■営業時間
[月~金]
 昼11:30~14:00
 夜17:30~22:00 (ラストオーダー21:00)
[土]
 昼11:30~15:00
 夜17:30~20:00
■定休日
日・祝
■その他
席数28席【ご宴会30名様可】
テーブル11卓
駐車場なし

画像
画像
画像
画像

シード・プランニング30周年/医療介護共同研究会15周年記念講演会

画像

シード・プランニング30周年大会へ参加した。
【ご挨拶】
 弊社は『次の時代を支えるサービスや新たな産業の萌芽をいち早く掴み、民間企業や国、自治体にお役に立てる企業』を目指して1983年に設立しました。以来30年間にわたり、医療、ITエレクトロニクス、バイオ、ヘルスケア、環境エネルギーの分野において、事業課題の解決、戦略の企画策定、市場動向把握、政策立案等付加価値の高いサービスを提供しています。

 医療介護分野では、2004年より「医療介護共同研究会」の事務局を務め、2011年度は田中滋先生を座長にお迎えし、地域包括ケアシステムの先進事例等を研究しました。世界一の高齢社会となる我が国から、社会の課題を解決する新たな産業を創出し、皆さまと共に発展していきたいと願っています。株式会社シード・プランニング 代表取締役 梅田佳夫
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
タイムテーブル
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 13:00~13:05【主催者挨拶】
 株式会社シード・プランニング 代表取締役 梅田 佳夫

 13:05~13:20【来賓挨拶】

 13:20~14:50 【基調講演】
 超高齢化時代と地域包括ケアシステム
 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科教授 田中 滋 氏

 14:50~15:00【休憩】

 15:00~15:45【講演1】
 人生90年時代のシルバーサービス~新たなサービスの創出へ
 一般社団法人シルバーサービス振興会  企画部長 久留 善武 氏

 15:45~16:15【講演2】
 青森から世界へ~次世代のヘルスケア地域モデルを目指して
 青森県商工労働部新産業創造課 主幹 村下 公一 氏

 ※講演3に予定されていた林芳正農林水産大臣のご講演は、
  ご公務のため、予定が変更となりました。ご了承ください。

 16:15~16:30【医療介護共同研究会】
 2013年度研究会について

 16:30~16:35【閉会挨拶】
 医療介護共同研究会 会長
 セントケア・ホールディング株式会社 執行役員 岡本 茂雄

TEDに学ぶプレゼンテーション・シンキンinリバネス

画像

いつもソバリエサロンでお世話になっているリバネスのグループのカフェ&ダイニングにて神戸大学の杉本医師の講演に参加した。
**TEDに学ぶプレゼンテーション・シンキング**
日時:2013年1月27日(日)15時~17時
ゲスト:神戸大学大学院 杉本真樹様
参加費:1000円(ワンドリンク付き)
定員:20名
場所:リバネスカフェ&ダイニング

杉本医師は日本の医師である。医学博士。手術ナビゲーションシステム, 3Dプリンターによる生体質感造形など医療分野での最先端技術開発で知られる。 自らも開発に携わった医用画像ソフトウェアOsiriXをベースに次世代低侵襲手術(NOTES, SPS)機器の開発や手術ロボットなど最先端分野の研究を行っている。ウィキペディアより

画像
画像

第10回賀詞交歓会 MACメディカル

画像

MACメディカルの賀詞交歓会は10回目を迎えた。記念大会として江戸ソバリエ有志の協力を得て蕎麦ぶるまいをした。約100人分の蕎麦を用意して大変好評であった。昨年は鴨そばでしたが今年は豚肉とネギのぶっかけでした。講演は大阪大学の森下教授の登場でした。

<2013年・賀詞交歓会>
【日時】2013年1月23日(水) 18時30分~21時30分
【内 容】
(1)賀詞交歓と懇談
(2)講演 大阪大学大学院医学研究科 森下竜一教授のお話
(3)メンバーの方々の一年間の活動結果や今後の展望等について
(発表を希望される方はパワーポイント一枚程度にまとめて事務局までご連絡ください。)
【店 名】 神保町 ダイニングカフェ・エスペリア
http://www.esuperia.co.jp/accessmap.html

詳細は下記ご覧下さい
http://mac-medical.at.webry.info/201212/article_1.html

森下先生の講演資料はは参加者限定で配布させて頂きました。
画像


画像
画像
画像
画像
画像

BRUTUS特別編集 合本 ラーメン、そば、うどん。 (マガジンハウスムック) [ムック]

画像

昨年発売されたBRUTUS(ブルータス)2012年8/1の特別編集合本【発売日: 2013/1/11】が届いた。前回は長澤まさみさんが表紙であったが今回は白を基調にしたそば、うどん、ラーメンと文字だけが書かれている解りやすい表紙となっている。この中のP50からP54までの4ページに亘り「蕎麦ブローガー覆面鼎談」のコーナーに掲載されている。3人とは蕎麦人さんとつれづれ蕎麦のyukaさんと私ソバリエ前島が約3時間鼎談した内容を編集の方がまとめられたものである。昨年の売り上げが好評のため復刻版として発売されたもよう。現在本屋さんに山積みされていますので是非本屋でご覧下さい。
【本の紹介】
BRUTUS特別編集 合本 ラーメン、そば、うどん。 (マガジンハウスムック) [ムック]
型番: KBKJ-13-66429-04
価格: 650 円
発売日: 2013/1/11

第46回ソバリエサロン終了

画像

第四十六回ソバリエサロンは無事終了。今回はイラストレーター平尾香さんの登場でした。演題は著書「ソバのみ散歩」についてお話しいただいた。女性がのんびりお蕎麦とお酒を楽しめる、東京のお蕎麦屋さん38軒を紹介さた本です。インフルエンザで当日キャンセルが多数でましたが30名の参加があり盛況であった。次回も第四木曜日はソバリエサロンです。

【日 時】1/24 木曜日 18時30分~
  18時30分~19時00分 集合及び近況報告会
  19時00分~19時50分 勉強会
  20時00分~21時迄 懇親会
【講演名】著書「ソバのみ散歩」について
【講演者】 イラストレーター平尾香さん
本の紹介については  http://www.imagef.jp/commodity/d_1281.html

画像
画像
画像
画像

第49回蕎麦屋de819in深大寺門前終了

画像

第49回蕎麦屋de819iは深大寺の門前で開催しました。初参加の1名を含めて17名参加、句は95句が寄せられた。次回は50回記念大会です。恒例により神楽坂の和可菜にて開催する予定。

【店名】そばごちそう門前 (深大寺そば)TEL 042-487-1815
【日時】1月22日 火曜日 18時30分~21時00分
【会場】住所 東京都調布市深大寺元町5-13-5
    交通手段 調布駅から1,735m
    営業時間 10:00~17:00
    定休日 月曜日
ホームページ
http://jindaiji.co.jp/index.html
下記ブログも参照ください
http://blogs.yahoo.co.jp/fwgj3451/29915962.html

●一月の季語 五句 (例句もご参照)
白鳥 大白鳥うすむらさきの寝息かな 吉田悦花
葉牡丹 葉牡丹の渦の吉相朝はじまる 河野南畦
狐火(きつねび) ゆびきりのゆびさき恋の狐火よ吉田悦花
「一」の一字を一句のなかに詠み込む
自由句

画像


■タイムスケジュール
18時 深大寺本堂山門前集合
18時30分~21時 門前にて初春の句会

■評価
【評価方法】
1.お気に入りの俳句に下記の評点をする。
 「天」 1句  5点
 「地」 1句  4点
 「人」 1句  3点
 「客」 5句  1点

2. 評価結果
白鳥のうなじの色気真似てみる 雅美 24
葉牡丹の土柔らかき駅舎かな 弘子 20
朝焼けの白鳥の息交わりし 島兎 15
あかぎれの裂け目私は生きてをり 恵果 13
一日(いちじつ)を母と過ごしぬ冬座敷 弘子 11
暁天に孤舟の如く小白鳥 亀一 11
園庭で声あげ踏めり霜柱 健一 9
銀盤の耐えてスピンの大白鳥 直人 9
狐火や毒舌の友逝きし夜 途夢 9
峰のごと連なるビルや初日の出 遊卯 9
葉牡丹の渦少年期句集かな 悦花 9
大白鳥朝日まとひて現るる 恵果 8
一ひらの未練も散りぬ冬薔薇 途夢 8
初雪にためらう一歩朝の門 直人 8
豆腐屋の屋根で明け待つ寒鴉 途夢 7
年新(あら)た新しからざる妻も好し 小心子 7
葉牡丹や葉に葉を重ね恋模様 島兎 7
「棺一基」(句集)打ちのめされて寒の入り 清子 6
たそがれのにほひ大白鳥の首 悦花 6
雪わらの下で誇れり寒牡丹 雅美 6
白鳥の溜息鴨の知らぬ顔 途夢 6
狐火のたちまち音の無い世界 島兎 5
初富士の高嶺をマグロ飛び越える 春彦 5
天突いて鳴き雪を呼ぶ大白鳥 まゆみ 5
冬の星鏡のごとき硯かな 悦花 5
葉牡丹の渦から咲いて夢ひとつ クッシー 5
ふうわりと風花にのって恋したし 雅美
一眼のシャッター凍てつく冬の蝶 真亜奈
宇宙よりのぞむオーロラ狐の火 春彦
狐火が似合う女と出会いけり 健一
初釜や炭爆ぜひとつまた一つ まゆみ
初春や一日一句課す誓い 清子
薄闇に浮かぶ葉牡丹艶めいて 清子
葉牡丹や無人の街路にはしゃいでる 真亜奈
ぬかるみに狐火うつしゲゲゲ茶屋 悦花
逢えばまた淋し淋しと冬すみれ まゆみ
狐火のここよここよと呼ぶ夜道 直人
新年のはじめの一歩よろめきぬ 亀一
葉牡丹や土耳古は東西のはざま 亀一
ビル陰の畑の葉牡丹紅と白 遊卯
狐火や里山荒れて出番なし クッシー
狐火よ行方不明者連れてこい 清子
狐火を探す都会の魑魅魍魎 遊卯
叱られて背中丸める日向ぼこ 直人
段段畑に一月場所を聴く 亀一
白鳥の羽根の汚れや冬田面(たずら) 小心子
葉牡丹やレースのスカート咲き乱れ 健一
一の日に父と歩みてヌートリア クッシー
一年の計も立たずに寒の入り 宏久
一番は疾風の如しえべっさん 道人
晦日そば手繰って一年つつが無く 小心子
晦日そば娘もまじり宵寝する 島兎
叶わぬか闇の心に狐火が 道人
狐火や遭おうものなら吹き消さん 恵果
狐火と出合い頭の幼き日 宏久
狐火に黄泉の入り口かいまみえ 雅美
狐火は漆黒の闇その奥に 小心子
初日の出ダイヤダストの晴れ舞台 道人
白鳥は戻れど戻れぬフクシマに 清子
白鳥二羽舞異国湖上 遊卯
白鳥来曇天の沼はなやぎぬ 宏久
風を生む大樹一月の深大寺 悦花
夜に入りて猫戻りたり大晦日 弘子
葉牡丹の連なる色は亡母の帯 宏久
おでん鍋先ず大根でちろり酒 宏久
ヘルシーに酒は一杯二日かな 春彦
見るほどに吸ひ込まれさう赤葉牡丹 恵果
一つ橋くぐりて挑む枯れ野走 遊卯
火点しや王子の榎探しけり 俳蘭人
寄せ植えでスクラム組みし葉牡丹や 道人
狐火や行列導くゑの木下 真亜奈
狐火を咥へて翔(かけ)る蕩児かな 亀一
山は裏狐火庭で見降ろせり 弘子
初雪に心踊りて体飛ぶ クッシー
初霜のはじめの句会そばごちそう 島兎
新しい一年また一年と積みかさね 雅美
島の宿一陽来復高く居り 俳蘭人
投じそば一陽来復ほっかほか 真亜奈
内濠に小さく目立つ白鳥や クッシー
虹色に並ぶ葉牡丹凍え咲く 直人
日暮れまでもう一仕事日脚伸ぶ 健一
年越しの残りし蕎麦をポリポリと 俳蘭人
白鳥の花咲きたるや北の沼 健一
白鳥やこの湖畔のこの場所に 弘子
白鳥やジョギング冷やかに眺めをり 真亜奈
白鳥やワルツに乗って渡来せり 道人
復興の相馬に戻る大白鳥 春彦
夜間飛行窓下に見しは狐火か まゆみ
夕映えの白鳥の中膝小僧 俳蘭人
葉牡丹やお前は葉なのか花なのか 恵果
葉牡丹の籠が寄り添う晴れ着かな 俳蘭人
葉牡丹の襞に沁みいる夕餉の香 途夢
葉牡丹は年神様の道しるべ まゆみ
葉牡丹や中途半端な形(なり)と色 小心子
葉牡丹や葉にてそうろう形は花 春彦


画像


画像
画像
画像

第50回 蕎麦屋de819会 神楽坂・和可菜で開催

画像


2007年12月8日に第一回目の句会を開始して6年が経過しこのたび第50回 蕎麦屋de819会を開催する事になった。各節目には神楽坂の和可菜で開催している。ホン書き旅館「和可菜」の本でも紹介されている和可菜のsさんとは蕎麦を通じての縁があり開催した事が始まりである。sさんは女優小暮実千代さんのお孫さんにあたる。ご本人も時々句会へ参加されている。今回も世田谷の蕎麦屋さん「くりはら」さんの蕎麦と江戸ソバリエが打った蕎麦とを用意してお待ちしています。会場は20名まで入れますのでいつもより多くの参加を募集します。

【会場】神楽坂 和可菜
【日時】2月19日 火曜日  18時30分~
【場所】新宿区神楽坂4-7 03-3260-3769
【予算】4000円+そば前は持ち込みになります。

出欠は下記にお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=ba31314dbcd34b7684d85cf2a795c11f

記念すべき第一回の句会は下記参照ください
http://fwgj.at.webry.info/200712/article_9.html

●二月の季語 五句 (例句もご参照)
蕗のとう  うつくしく束ねし蔵書ふきのたう  吉田悦花

余寒(よかん・寒が明けてなお残る寒さ) 鎌倉を驚かしたる夜寒あり 高浜虚子

猫の恋   恋の猫ムーミン谷に行つたきり   吉田悦花

山焼・野焼 野火哮るくらやみに帯解きをれば  中村苑子

「日」または「高」の一字を一句のなかに詠み込む

自由句


○出欠 2/1 金曜日迄にご返事をお願いします
○投句は 2/4 月曜日 午前中【厳守】にて下記篠塚さん宛にお願いします
その後一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)

2013.1.3川越高校の集まり

画像

誰が声をかけるわけでもなく、毎年同じ駅、同じ時間に集まる会である。高校時代の柔道部の集まりである。今年で12回目となる。母校は「ウォーターボーイ」で有名になった川越高校である。場所は池袋、時間は夕方14時~ 今回は蕎麦屋de819でもお世話になった「宮城野」へお邪魔した。又の再会を誓い解散となった。
画像
画像

【お店情報】
店名 宮城野 (みやぎの)
TEL 03-3985-7195
東京都豊島区東池袋1-12-8 富士喜ビル 2F
交通手段
JR池袋駅東口の35番出口を出てサンシャイン方向へ進み、最初の信号の角のビル2階。ロッテリアの向かい 池袋駅から311m
営業時間
[月~金] 11:00~16:00 17:30~22:15 [土・日・祝] 11:00~22:15
ランチ営業、日曜営業
定休日 不定休
個室 有
ホームページ
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000983480/U0002134132/

画像
画像

萬寿庵in富岡八幡

画像

天気が二日続いたので本日は富岡八幡へ初参りに出かける。あかね空で直木賞受賞作の山本一力の世界を見たいとのリクエストがあり訪問した。昼蕎麦は赤坂より一昨年深川へ移転してこられた「萬寿庵」へお邪魔した。江戸三大祭で有名な富岡八幡宮の鳥居から二軒目にある。年中無休との事で本日も昼時には満席となっていた。蕎麦粉は厳選された北海道・茨城等の蕎麦の実を毎朝丁寧に石臼引で二・八そばを手打ちで提供されている。蕎麦の実は新蕎麦の時点で仕入れ真空パック保存し、蕎麦の味の落とすことなく素材管理を徹底されている。店名の由来と移転理由は次回訪問時に確認したい。 2011年1月21日に「港区赤坂3-10-6」から移転のようだ。

画像

【お店情報】
店名 萬寿庵 (マンジュアン)
TEL 03-6458-8248
住所 東京都江東区富岡1-22-29 中村ビル1階
交通手段 東京メトロ東西線門前仲町駅1番出口より徒歩3分 門前仲町駅から343m
営業時間
11:30-14:00
17:30-22:00
【土・日・祝】
11:30-15:30
17:00-20:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 無休
予約 予約可
カード 可
個室 無  席数 54席 (全てテーブル)
駐車場 無
日本酒あり、焼酎あり、日本酒にこだわる
ホームページ http://manjuan.jp/
オープン日 2011年1月21日

画像

画像


画像


画像
画像

2013カウントダウンin文楽・東蔵

画像

今年最後の蕎麦屋巡りは地元の東蔵にお邪魔してカウントダウンでした。軽井沢の川上庵の支店として四年前にオープンした人気店である。店名の由来は本店の川上庵より東に位置して、文楽という酒蔵とのコラボ店なので命名されたと天野店長が教えてくれた。今年は蕎麦屋de819会も開催して、又家族のお祝い事はここでお願いしている大事な蕎麦屋である。
画像
画像
画像
画像
画像

ヘルスケアビジネス研究会へ参加

画像

ヘルスケアビジネス研究会へ参加した。ウェアラブルセンサーの健康・医療分野への応用がテーマである。健康医療(福祉・介護・運動・美容)
開催日平成24年12月25日(火)
時 間 13:00~14:30
場 所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ
募集人数 20~30名
募集対象 医療・健康ビジネスにご関心、もしくは関連する皆様

ウェアラブルセンサーの健康・医療分野への応用 (第二回)へ参加した。プログラム は下記。
セミナー講師 NPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(WIN)理事長 
板生清氏(東京大学名誉教授、東京理科大学教授)
画像
画像

本年度ハイクラウド第四回打ち合わせ終了

画像

本年度第四回目のハイクラウド事業検討会の打ち合わせはMAC会員でもある日下部さんの事務所をお借りして開催した。打ち合わせの中でフェイスプックにサイトを作ろうとのお話がてたので、その場でサイトを作成して公開した。早速いろいろと提案が出たので忘備録としてフェイスブックに記録した。http://www.facebook.com/HiiCommunity

画像
画像
画像

おかむら&凛桜in逗子

画像

以前より気になっていた蕎麦屋「おかむら」へ昼蕎麦に数人でお邪魔した。葉山のアトリエを見学後最後に逗子駅前の凛桜で蕎麦会を開催した。

画像

【住宅街の坂の途中にある風情ある落ち着いたお店】
手打ち蕎麦「おかむら」は逗子の駅から葉桜行きバスで才戸坂上停留所下車後、徒歩1分で到着。閑静な住宅街にある。店主の岡村盛典様は箱根暁庵で修業され2004年にこの地に開店された。店名はご主人の名前からとられた事は明白である。自慢のメニューは「せいろ」「田舎そば」である。変わり蕎麦は「柚子切り」が薦め。高橋名人の孫弟子にあたり蕎麦は二八で打たれている。ゆったりと席が配置されている中で柚子の香りと、するりと喉越しの良い変り蕎麦は格別だ。蕎麦は石臼挽きの自家製粉である。つゆはまろやかですっきりとした辛口。出汁は天然利尻昆布と枕崎の本枯節でとり、醤油は松本市の丸大豆醤油である。お邪魔したのが昼時であったが既に満席となり評判の高さが伝わる。蕎麦前も栃木の四季桜や長野の佐久の花等、焼酎も各種用意してある。今回は断念したがメニューに天抜きもあり次回はゆっくりとお邪魔してのんびりと蕎麦を楽しみたいと思うお店である。
こちらの不注意で店員さんにぶつかったが、汁では無かったので幸いした。その時の店主の手際よさには好感が持てた。花番さんへの教育も行き届いていると感じた。

画像

【お店情報】
手打蕎麦おかむら (てうちそば おかむら)
TEL 046-872-9803
住所 神奈川県逗子市桜山6-1326-74
交通手段
JR横須賀線「逗子駅」・京浜急行「新逗子駅」より葉桜行きバス。
才戸坂上停留所下車徒歩1分。
新逗子駅から1,044m
営業時間 11:30~15:00 [木~日] 11:30~15:00 17:30~20:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日、水曜日(祝祭日は営業)
平均利用金額
[夜] ¥1,000~¥1,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999
カード 不可
席数 20席
駐車場 有(5台、近隣にコインパーキングは無し)
完全禁煙
ドリンク 日本酒あり、焼酎あり
ロケーション 一軒家レストラン
空間・設備 落ち着いた空間
ホームページ
http://www.okamura.zushi.ne.jp/

画像


画像

【お店情報】
手打ち蕎麦 凛桜
TEL 046-873-4649
住所 神奈川県逗子市逗子1-6-27 ピアーズビル 1F
交通手段 JR逗子駅から徒歩3分 逗子駅から123m
営業時間 11:30~14:30 17:30~21:30
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日
平均利用金額
[夜] ¥3,000~¥3,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999
最も多くの方が実際に使った金額です。 予算分布を見る
予約 予約可
個室 無
ドリンク 日本酒あり
ロケーション
隠れ家レストラン
空間・設備
オシャレな空間、カウンター席あり
ホームページ
http://soba-rioh.com/
オープン日 2011年2月5日
用途 友人・同僚と

画像
画像
画像
画像

蕎麦春秋24号-365日食べ歩きソバリエ日記-

画像

蕎麦春秋24号が届いた、365日食べ歩きソバリエ日記より抜粋。

365日食べ歩きソバリエ日記
1.蕎麦屋巡り (八~十月) 
ここ三ヶ月の蕎麦屋巡りは四十六軒となる。年間では百八十~二百軒と蕎麦屋巡りをしている。初訪問のお店は神楽坂の「もがみ」、東十条の「一東庵」、長野県長和町の「利休庵」、白樺湖湖畔「そば処きみまち庵」等八店舗となる。祝いに駆け
2.ソバリエサロン(毎月第四木曜日)  写真1
第四十二回は岐阜県高木酒造の高木彬江様に「新酒仕込みについて」講演して頂きました。第四十三回の会場はキリンビール首都圏統括本部 東京支社で開催した。同社の斉木津之様が江戸ソバリエという縁で登場された。演題は「ピールの歴史とビールの注ぎ方」、併せて利きビール会も行い全問正解が数人出た。ピールにも詳しいソバリエがいる事に少し驚いた。第四十四回は逗子凛桜の店主の登場で演題は「夢、そば屋の赤い月」、第四十五回は宮本製粉の製粉技術部長荒川禎友様の登場でした。演題は「製粉の仕組みについて」。四十六回は「ソバのみ散歩」を出版された平尾香様の登場です。これからも毎月第四木曜はソバリエサロンの日となる。延べ参加者は千二百人を超えている。
3.蕎麦屋de819会 (八~十月) 写真2
第四十五回は、「芝大門 更科布屋 本店」、第四十六回は東十条「一東庵」を貸し切りで開催した。メンバーも増えており二十名前後可能な蕎麦屋を探している。四十七回はさいたま市の「蕎楽房 一邑」、四十八回は上尾市の「東蔵」にて隣接の文楽酒蔵見学と句会を予定している。

4.『蕎麦のソムリエ講座』妙高の蕎麦育成について(八~十月)写真3
片山虎之介様が主宰している『蕎麦のソムリエ講座』へ参加した。新潟県の妙高山麓で、「焼畑でこそばを育てる」という極めて珍しい講座である。八月の播種から十月末の刈り取り迄無事に終了した。来年も焼畑が開催されるようなので参加をお薦めします。

5.信濃霧山ダッタンそば・見学ツアー  九月
江戸ソバリエ笑ィ八会の企画で一期生~八期生が参加。九月初旬の 一泊二日の企画である。チャーターバスにて池袋を出発して関越道・上信越道経由で長和町へ。まずは白樺湖湖畔「そば処きみまち庵」で昼食。その後ダッタンそば生産者組合事務局長北村よう子様にご案内いただき、「ダッタンそばの畑」見学した。宿泊先の白樺リゾート池の平ホテルには「湯めぐりワールド」があり、百畳の大露天風呂・洞窟風呂・檜風呂・泡風呂など数十種類を楽しんだ。二日目は「和紙の里」にて、全員でダッタンそば打ち体験&試食会。昼食は長和町「利休庵」で湯ごね二八ダッタンそばの他、名物の自家産野菜中心のうず高いかき揚げを食べた。帰途は上信越道・関越道を経由し、池袋に無事到着。

6.雲南の会 (八~十月)
雲南の会は偶数月の金曜日に開催している。別名「ソバ食文化比較研究会」である。会の趣旨は世界の蕎麦及び世界の不思議な料理を文献調査して実際に作りそれを食べる会である。十月は縁があり練馬の薬膳料理「えんころ」のキッチンで開催した。

7.古川修さん蕎麦の会
栃木県在住の下野ソバリエ会の小林さんの紹介で「蕎麦屋酒」(光文社新書)の著者古川修さん蕎麦育成の会へ参加が叶った。そばの育成を十六年も続けているようだ。初参加させて頂き二カ所の種蒔きを行った。年末の収穫祭が楽しみである。種蒔きの様子は下記YouTube参照。
http://www.youtube.com/watch?v=aWzGWoRUCjs

以上

MFC合宿と朝蕎麦in鷹匠

画像

(株)MFCソリューションズの打ち上げは床暖房で四季桜を頂きました、すっきりおいしいそば前です。新会社の今後の展開について徹夜?で議論。その後恒例の朝蕎麦で打ち上げを実施。さて議事録作成が楽しみだ。
画像

午前7:30~9:30の営業は都内では大変珍しい。根津の鴎外荘に泊まり議論をした後の蕎麦前と朝蕎麦は達成感を増長して、心と体を癒してくれる。蕎麦前は床暖房に併せて、もちろん熱燗を頂く
店名の由来は女主人、そば職人の石井潤子氏の故郷、高知県高知市鷹匠町の町名からとられたという説もあるが未確認である。根津駅1番出口から千駄木駅方面へ300メートルくらい先の藍染め大通りを右折、180メートルくらい直進して4本目の路地を右折、20メートルくらい先、道の右側に店がある。店外観は老舗のような雰囲気がある。蕎麦は丁寧に切りそろえられた「せいろ」をメインに「おろしそば」と「鴨そば」が揃っている。今回は新メニューのはんぺん蕎麦を頂いた、手作りのはんぺんがふぁーと盛られ見た目も楽しい蕎麦である。味はもちろん塩分も調味料も調整された手作りはんぺんと暖かいそばとのコラボはユニークだ。お薦めは焙炉セットである。引き出しの中に、焼海苔と板若布を入れて電灯で焙り、パリッとしている。蕎麦前とともに至福の時を過ごす事が出来る。
画像
【お店情報】
店名 根津 鷹匠 (ねづ たかじょう)
TEL 03-5834-1239
住所 東京都文京区根津2-32-8
交通手段 東京メトロ千代田線「根津」駅
東京メトロ千代田線「千駄木」駅 ともに徒歩9分ほど
根津駅から371m
営業時間
7:30~9:30 12:00~18:00
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日
月曜・火曜
平均利用金額
個室 無
席数 26席 (カウンター4席、小上がりの座卓8席X2、6席X1)
落ち着いた空間、カウンター席あり、座敷あり
ホームページ
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/3938/

画像
画像
画像
画像
画像
画像

画像

ふく留in銀座

画像

久々に銀座の隠れ家にお邪魔した。お通しが竹のかごに包まれて京都の懐石料理やさんのイメージです。【都会の真ん中で密やかな快楽を】銀座八丁目ヤナセショールームの路地裏にひっそりと光を放つ店がある。その地下にはお香が漂う。カウンター席と小分けにされた席が四つある。都会の真ん中で密やかな快楽を満喫できる隠れ家である。店名の由来はメニューにふぐがあり名物のようで、そこから採られたようだ。ひっそりとした佇まいで京風の店内は派手さはないもののきちんとしていて客席は個室ベース、お手洗いも清潔である。伝統的な京料理の手法を用いたコース料理が一万円。旬の野菜等の彩り豊かな七品が提供される。前菜盛り合わせは、「いくら 、唐墨大根、クリームチーズ、漬け鮪の一口鮨、豆乳豆腐・才巻き海老・オクラの盛合わせ」が見事である。締めの蕎麦は北海道旭川産の蕎麦粉を使った二八蕎麦である。つゆはすこし甘めの鰹ベースで頂く。細切りの麺だが弾力性がありつゆと良く合っている。そば打ちは地下2階で1日数回行われている。02/09月号の東京カレンダーと言う雑誌で発見以来時々お邪魔している。地下の個室はお薦めです。客単価が高いのでもう1ランク落としたコースがあれば嬉しい。
画像

【お店情報】
店名 ふく留 (ふくとめ)
ジャンル  京料理、懐石・会席料理、そば
TEL 03-3571-1657
住所 東京都中央区銀座8-2-3 京星ビル B1F
交通手段 東京メトロ銀座線、5番出口より日航ホテルナナメ前、ヤナセ自動車ショールームウラ。JR新橋も可
内幸町駅から360m
営業時間
18:00~03:00(L.O.02:00)
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
定休日
土・日・祝
平均利用金額
[夜] ¥10,000~¥14,999
画像
画像
画像
画像
画像
画像

古川修さん収穫祭in西那須野・胡桃亭 

画像

今年初参加した古川修さんの蕎麦育成の会で宇都宮と馬頭観音の二カ所に蕎麦の種蒔きをした。その収穫祭が西那須野『胡桃亭』開催された。古川さん曰く、今年の自家栽培蕎麦は芳賀、馬頭とも最高の出来との事で至福の宴会となった。

画像

概略のスケジュールは下記。私は途中から参加した。
◆都賀のO苺農園訪問 ~極上の栃乙女を味見し、購入し、ハウスを見学
◆宇都宮酒造訪問 ~菊地社長がパワポで説明してから蔵を案内してくれました
◆西那須野「胡桃亭」で蕎麦栽培打ち上げ ~栽培史上最高の蕎麦でした
◆そのまま宿泊
二日目
◆胡桃亭で朝食
◆芦野温泉でアルカリ泉でいやされる
画像

店主の村上秀幸氏は胡蝶庵の仙波さんの弟弟子であり、岐阜の吉祥庵で蕎麦と料理を学び平成3年に西那須野の地に胡桃庵を創業された。店名の由来は素朴なものが好きなご主人が胡桃と修業先の胡蝶庵の店名を掛けて命名されたものと推定している。二八蕎麦から始め一九を経て十割蕎麦にたどり着いた。その後、仙波さんのアドバイスを受け自家製粉を始められた。そば粉は23メッシュの超粗挽きの粉を生粉打ちで提供される。胡桃亭は矢板から大田原へ向かう途中にあり田舎の街道沿いに地味に建っている。店内は入り口がテーブル席、奥に座敷がある。とてもゆつたりした造りで居心地は満点である。料理は村上さんの実直な性格そのもので変な細工はしない、素材の味をストレートに活かす工夫が見られる。お薦めはそば掻きである。ふわっとしたクレープのように軽くもちっとした粗挽きで口の中で蕎麦の香りが広がる逸品である。
(追伸)
蕎麦屋酒の著者古川修氏が推薦する胡桃亭では古川さんが育成したそば粉を使った収穫祭が年末に10数年前から続けられている。今年は縁がありこの育成に関わり収穫祭へ参加が叶った。蕎麦前は蕎麦との相性を考えられ秋鹿の無濾過純米原酒や竹鶴や宗玄酒造の生原酒などが揃えられまさしく「蕎麦屋酒」を満喫した夜でした。粗挽きのそば打ちの技術を習得できるようなそば打ち教室を開催してほしい

画像

【お店情報】
店名 胡桃亭 (くるみてい)
TEL 0287-37-7575
住所 栃木県那須塩原市一区町131-18
交通手段 東北本線野崎駅よりタクシーで5分。歩く場合20~30分程度R461号線 大田原方向  ライスラインを越えたら右側にある。東北自動車道、八坂インターチェンジをR4号福島方向、R461号に入ると良いです。
野崎駅から1,883m タクシーで10分程度
営業時間 11:30~15:00 17:00~20:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 木曜日
平均利用金額
[夜] ¥1,000~¥1,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999
予約
予約可 個室
有 駐車場
ホームページ
http://www33.ocn.ne.jp/~kurumitei/
画像

サントリーの蕎麦焼酎「神楽の舞」をお持ちして皆さんに試飲して頂き好評を得た。神楽の舞については下記参照ください
http://gourmet.suntory.co.jp/syutoken/tokyo/soba/index.html?wapr=50dbf456

画像


画像
画像
画像

利久庵in関内

画像

新会社のMFCソリューションズの顧問就任の依頼に関内にある弁理士事務所へお邪魔した。これで三人の顧問が誕生した、今後いろいろとご相談させて頂く予定。ここは横浜地区のお客様対応の拠点にさせて頂く予定。打ち合わせ後に関内近くの利久庵へお邪魔した。
画像
JR関内駅に近い店内は、和風建築の伝統を随所に生かされ、雅趣を生んでいる。1階はテーブル席、2階は宴会、懐石料理の座敷席となっている。
画像

利久庵はJR関内の駅から徒歩1分と大変便利であり途中の休みが無く昼夜連続営業が嬉しい。店名の由来は「利休」では無く「利久」として、休むのではなく久しくお客様に愛されるとの意味を含めていると主人の出川修治さんの息子の慶太郎さんとの会話から推定した。俳優の出川哲郎氏とは従兄弟の関係にあるようで、時々はお店に出没されるようだ。そば粉は十勝蕎麦を使っている。木鉢に手を抜かないご主人は料理にも全力投球されている。創業は昭和22年で既に60年近く営業されている老舗である。ダシには利尻昆布を使い、節は宗田鰹、土佐節と仕上げには花鰹で香りを付ける。かえしは極上本醸造正油、甘味は奄美大島のザラメにミリンで整え、化学調味料は使われていない。「上利久そば」を薦められ頂いた。海老天、油揚げ、椎茸、鶏肉、青菜、ゆで卵、玉子焼き、蒲鉾等かのっているおかめそばの一種のようだ、季節によりスイカやリンゴがのせられる。
花番さんは少し多いように感じたが、混雑時の対応にはこれだけの人が必要だ。と夜に訪問してそう感じた。対応が素早く好感が持てた。

画像
画像
画像


画像
画像

文楽見学と二次会in上尾

画像

句会の前に上尾の酒蔵文楽を見学させて頂いた。社長令嬢の北西真由子さまのご案内で約一時間かけて行程を見学した。大変解りやすい説明とプレゼンは参加者からも絶賛されている。来年のソバリエサロンでの講演を依頼して快諾を得ている。皆さんお楽しみに!!!!

画像
画像
画像
画像



画像
画像


画像
画像
画像
画像
画像
画像

第6回雲南の会・津軽そばを試してみた

画像
第6回雲南の会は国内版として「津軽そばを科学する」と言うテーマで開催した。事前に神楽坂の蕎麦屋の芳とも庵にて試食をかねたそば会ほ実施して芳賀店主より津軽そばのポイントをお聞きした。
画像
今回のレシピーと評価結果は別途レポートにまとめる予定。今回のそば粉は宮本製粉の深山をすべてに利用した。コントロールは二八そばとして、豆腐入りと国産大豆を使った呉汁入りと三種類を食べ比べた。豆腐入りはモッチリしてなかなか美味しかったが、呉汁は大豆の匂いが強く少しえぐかった。
画像
画像
画像
画像
画像

少し早いクリスマスパーティ

画像

旅行会社の現役取締役が主催している会で地元なので今回初参加した。会の主旨としてはとにかく頑張っている若い方、年配と年齢を問わず社会貢献されているか方々が集まりそれを支援する会のようだ。ご自宅に100名程度を招待して交流会をはかるものでご主人自体も社会貢献されている姿に脱帽でした。最後に各自が持ち寄ったプレゼント交換は出席の音楽の関係者によりすすめられた。私は神楽の舞を持参して皆様に開発経緯の紹介をさせて頂いた。そば湯割りでは無いが水割りでも飲みやすいと好評であった。

画像
画像
画像
画像
画像

蕎麦屋de819 in上尾酒蔵文楽と東蔵にて終了

画像

第48回蕎麦屋de819iは上尾市の酒蔵文楽と東蔵にて開催しました。初参加の3名を含めて16名参加、句は96句が寄せられた。次回は深大寺初参りをしてから門前にて開催する予定。

【店名】東蔵
【日時】12月15日 土曜日 13時30分~18時00
【会場】362-0037埼玉県上尾市上町2-5-5 酒蔵文楽内 TEL:048-779-3100
東蔵 URL http://azumagura.com/info.html
酒蔵 文楽のURL http://www.bunraku.net/index.html

下記ブログも参照ください
http://www.redolog.net/sobalier/archives/003750.html#more

画像

●十二月の季語 五句 (例句もご参照)
短日   短日やなんでもかでもとうがらし 吉田悦花
雪催   墨すつて昼暗くせり雪催     秋元不死男
白菜   白菜を提げて江ノ電またぎをり  吉田悦花
自由句 「上」または「尾」の一字を一句のなかに詠み込む

画像


【追加案内】
上尾の隣にある埼玉文学館の見学。
日時 12月15日(土)11時ごろから
場所 埼玉文学館 埼玉県桶川市 http://www.saitama-bungakukan.org
集合 桶川駅11時00分。館まで徒歩5分。
内容 埼玉文学館の見学
埼玉文学館は
・埼玉県出身あるいはゆかりのある文学者、文学作品の展示・紹介
・現在の館長は前島氏と小生の高校時代の同級生の小林和夫氏。
・展示内容のなかに、小生の連れ合いの大叔母・大谷藤子があります。
・大谷藤子は、埼玉県の秩父郡両神村出身の小説家です。川端康成に認められた女流文学賞を2度 受賞した純文学作家です。

予定 館の見学は約30分から60分。館内のカフェあるいは周辺で昼食を済ませ、上尾駅に13時30分に集合、句会に合流。
文学館の詳細についてはHPで確認ください。

画像
画像


■タイムスケジュール
13時30分 高崎線 上尾駅改札集合
14時~15時 文楽 見学
15時~17時 東蔵にて句会 17時~ 有志で二次会 宮本さんの知り合いのお店???

画像


【評価方法】
1.お気に入りの俳句に下記の評点をする。
 「天」 1句  5点
 「地」 1句  4点
 「人」 1句  3点
 「客」 5句  1点

2. 評価結果
短日や物片付かぬ言い訳に 23 清華
人よりも猫多き町暮早し 20 恵華
切り出せぬ話のままにおでん酒 20 健一
白菜切るためらひもせずざくざくざく 15 恵華
サイレンの果て無き行方(ゆくえ)雪催 11 直人
煤払い今年のあれこれ梁の上 10 小心子
雪催街を二つに市電来る 10 弘子
交番の手配写真や雪催い 10 小心子
憂鬱のベール重なる雪催 9 清華
短日の一駅ごとに薄暗く 9 島兎
雪催見舞し友の応へなき 9 遊卯
山茶花の花半分に日暮けり 9 弘子
汚染土の行き場も無くて雪催 9 清子
白菜のごろんと独り相撲かな 8 直人
つつましく老いて白菜二つ三つ 7 弘子
豊作の白菜の尻並べられ 6 島兎
尾花枯れ野山墨絵に舞台替え 6 清子
上機嫌尾が指揮を取る土鍋猫 6 俳蘭人
見上ぐれば空の便りか小雪舞ふ 6 清子
白菜やコチュジャン味噌に赤くなり 5 真亜奈
白菜の割られてもなほ芯伸びる 5 遊卯
白(はく)鼻(び)心(しん)尾の打つ庭や冬紅葉 5 弘子
日の暮れのきらめくさらめく枯尾花 5 直人
冬ざくら上下関係今は無い 5 島兎
雪吊りの上に黒きは烏かな 5 真亜奈
雪催ひ穴を押さへて笛を吹く 5 悦花
上空に風の尾の生(あ)れ冬ざくら 5 亀一
床暖に子猫のびたる尾の長き 5 遊卯
初雪や路上に薄く光撒く 5 清華
白菜を干して齢を数えけり 5 健一
木枯やひつくりかへす焼餃子 悦花
冬の朝皇帝ダリアに励まさる 直人
短日や障子貼る夫腕まくり 清子
短日の本積まれたる階よ 悦花
鯛焼きの尻尾我が腹の内に有り 小心子
酒天使想い巡らす樽の中 俳蘭人
手の中にさらに小さき雪催 島兎
空仰ぎ襟立て一人雪もよひ 宏久
一枚ずつ洗ふ白菜白さ増す 恵華
ゆく年を見送るホーム最後尾 清華
つぶやきは古酒ささやきは新酒かな 亀一
短日やテールランプの川流る 健一
暮れてなほ未完の一句日短か 宏久
上空の風に乗れない葉っぱかな 薫
両脇に白菜抱へ逢ひに行く 亀一
白菜の中にもおわす母菩薩 小心子
朝食はコーンポタージュ雪催い 恵華
短日や釣竿の弧に糸のびて 亀一
短日や外灯白き商店街 遊卯
短日やポインセチアは本化粧 俳蘭人
短日の三味の音走る垣根かな 弘子
雪催い蕎麦屋の主の腕太く 恵華
胸もとに猫の尾温し日向ぼこ 宏久
短日やベッドの隅で猫になる 薫
白菜をミルク煮にする金曜日 薫
白菜をバッサリ切ってわし掴み 道人
白菜の壁うずたかく笑い声 俳蘭人
白菜の人待ち顔に店の前 清華
年の尾や振替輸送に我疲れ 真亜奈
豆腐屋のラッパの音色日短し 真亜奈
短日や雑踏のなか山のなか 小心子
短日の浮かぶ街灯帰り道 直人
上階のバレエ教室冬ともし 悦花
空低く動きたくなし雪催ひ 道人
雪催いうずくまる鳩何想う 雅美
雪催高層階に酔うように 薫
卵焼き12月の森の昼 海砂
病床の友の微笑み冬薔薇 遊卯
尾張屋の宝来そばと冬紅葉 島兎
白菜をちぎりて契りピザ窯へ 海砂
白菜の放射能より怖い虫 杉村春彦
白菜の畑の昼餉タジン鍋 杉村春彦
白菜の山と積まるる駐輪場 悦花
直伝のタレの輝き雪もよひ 亀一
短日や破れ障子に差し込む日 道人
短日の稼ぎの高に灯の遠し 杉村春彦
石と苔生と死ありて冬の朝 海砂
須田町に七つ道具や雪催 杉村春彦
上首尾に手仕舞う極月中四日 杉村春彦
小春空上着小脇に歩道橋 宏久
手をさすり湯気を被るや夜鷹蕎麦 道人
狐の尾北斗七星指しおるや 道人
宮城峡10年の空雪催い 俳蘭人
塩加減白菜漬の極意なり 清子
屋根の上電飾灯し聖夜待つ 健一
迷い途(みち)見上げるオリオンただ白く 雅美
前を行く首のすぼまる雪催 健一
パパイヤの話はずみて日短し 海砂
白銀の山の稜線龍尾に似たり 雅美
ザク切りの白菜盛ってみぞれ鍋 雅美
イカ焼きの並ぶ行列雪もよひ 薫
足早に沈む夕陽に気はせいて 薫
キムチにと白菜漬にと真っ二つ 宏久
カピバラと猫の追いかけっこ雪催 海砂
イカ焼きの並ぶ行列雪もよひ 真亜奈
足早に沈む夕陽に気はせいて 雅美
お台場の冬の花火のからくれない 薫
冬の風に枝揺らす木を見上げおり 薫

第49回蕎麦屋de819in深大寺門前にて開催

画像

第49回蕎麦屋de819inにて深大寺門前にてします。皆様の参加をお待ちしています。

【店名】そばごちそう門前 (深大寺そば)TEL 042-487-1815
【日時】1月22日 火曜日 18時30分~21時00分
【会場】住所 東京都調布市深大寺元町5-13-5
    交通手段 調布駅から1,735m
    営業時間 10:00~17:00
    定休日 月曜日
ホームページ
http://jindaiji.co.jp/index.html
下記ブログも参照ください
http://blogs.yahoo.co.jp/fwgj3451/29915962.html

●一月の季語 五句 (例句もご参照)
白鳥 大白鳥うすむらさきの寝息かな 吉田悦花
葉牡丹 葉牡丹の渦の吉相朝はじまる 河野南畦
狐火(きつねび) ゆびきりのゆびさき恋の狐火よ吉田悦花
「一」の一字を一句のなかに詠み込む
自由句

■タイムスケジュール
18時 深大寺本堂山門前集合
18時30分~21時 門前にて初春の句会

出欠のアンケートは下記へお願いします
http://chouseisan.com/schedule/List?h=ba513f94912cc38ebe661ccbc959bfda

○出欠 1/7 月曜日迄にご返事をお願いします
下記へリンクして俳号がある方は俳号で、無い方はセカンドネイムで出欠をご記入ください
○投句は 1/14 月曜日 午前中【厳守】にてお願いしますその後一覧表にして皆様に評価用として送付します。今回の取りまとめは恵華さんが担当して下さいます。
niwaniwa2waniwatorigairu@yahoo.co.jp

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペーストがしやすいようにお願いします)

忘年茶遊会in目白赤鳥庵

画像

毎年いろいろな企画をなされるT先生の忘年茶遊会in目白赤鳥庵に参加した。今回は酒点前でホットワインをのみ連歌に挑戦した。発句が少し難しかったので挙句が大変でした。選者はやすみりえさんが行い参加者45名の句の中から8句を選ばれた。残念ながら時間少しオーバーの為すべてが公開されなかったのが残念である。
画像

今回の勉強会のテーマは紅茶についてT先生よりスライドを使い生産地の各種地図を駆使され解りやすく大変勉強になった。お話の流れでブータンの国の話題になったのでブータンの蕎麦事情について少しお話をさせて頂いた。昨年フータンのそば打ち会については下記参照ください。ビデオ録画も掲載しているので是非ご覧下さい。
http://fwgj.at.webry.info/201109/article_22.html

画像
画像
画像

画像
画像
画像
画像
画像

2012年江戸ソバリエ倶楽部忘年会終了

画像

江戸ソバリエ倶楽部の忘年会は下記のように赤間茶屋あ三五 磯部久生様のさらしな蕎麦のそば打ち実演と2種類の変り蕎麦を64名の参加者か堪能した。今回は特別に9期生も参加され、又来年の10期生の候補者も特別に参加して頂いた。梅肉エキス入りの冷や掛けと暖かいはなまき蕎麦の2種類を提供して頂いた。そば打ちの実技は参加者の質問が限りなく続きソバリエの蕎麦に対する好奇心の強さか伺われた。
開催日時】 平成24年12月8日(土) 
(受付13:00)13:30~17:00頃まで
【場  所】 神保町ダイニングカフェ・エスペリア
【講演内容】  
・講師 九州福岡の赤間茶屋あ三五 磯部久生様
・演題「変わり蕎麦の打ち方とその料理について」

忘年会の企画は下記倶楽部のホームページに掲載しています
http://blogs.yahoo.co.jp/fwgj3451/45129495.html

画像
画像
画像
画像
画像
画像

磯部さん囲む会

画像

今年のソバリエ倶楽部の忘年講演会は九州福岡の「赤間茶屋あ三五」のご主人磯部久生さまの登場でした。講演の前日に磯部さんを囲む会を開催した。場所は神楽坂の「和み」で開催して13名の方と交流を行った。
画像
今年の六月に九州秘境の蕎麦屋巡りに参加された方々を中心に集まった、楽しい思い出が蘇り楽しい会話と美味しい蕎麦を頂いた。九州の旅については下記参照ください
http://fwgj.at.webry.info/201206/article_1.html

画像
画像
画像


画像
画像

秦野市くりはらさん他蕎麦屋紹介記事

画像

今年の各蕎麦雑誌には蕎麦特集が少なかったように感じている。その中で年末に掛けて小田急の広報紙に2ページに蕎麦屋の紹介があったので紹介する。小田急沿線に住まわれているソバリエ8期生のTさんからの紹介。一昨日のソバリエ倶楽部忘年会の受け付けにて配布した。Tさん有り難うございました。
http://www.odakyu.jp/company/odakyu/1212/book190/open.html#page=1
こちらに原本がPDFファイルで保存されている。

画像

紹介されている蕎麦屋は下記の5軒、くりはらと七つ海堂は訪問済み、その他は未訪問。
1.手打ち蕎麦 くりはら 秦野市
〒259-1322 神奈川県秦野市渋沢2098
TEL/FAX 0463-88-1070
定休日  月曜・第3火曜 

2.七つ海堂 下北沢
店名 七つ海堂 (ななつみどう)
TEL03-3795-7726
住所 東京都世田谷区代沢4-42-8
交通手段 下北沢駅 徒歩10分 小田急バス 54系統 代沢小学校下車 徒歩1分
世田谷代田駅から699m
営業時間
[月~金]
12:00~14:00(L.O)
17:30~21:00(L.O)
[土・日・祝]
12:00~14:30(L.O)
17:00~20:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日
水曜・第1第3第5木曜

3.箱根暁庵 成城店 成城学園前
店名 箱根 暁庵 成城店
TEL 03-3482-6533
住所 東京都世田谷区成城6-5-34 成城コルティ 4F
交通手段 成城学園前駅 徒歩1分 成城コルティ4F 成城学園前駅から19m
営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ営業、日曜営業 定休日 不定休 コルティに準ずる

4.宮本庵 本厚木
店名 宮本庵 (みやもとあん)
TEL 046-223-6868
住所 神奈川県厚木市水引1-5-8
交通手段 国道129号線 水引交差点 厚木警察署の向かい 本厚木駅から845m
営業時間 11:00~21:30
ランチ営業
定休日 なし (不定休)

5.櫻屋 川崎市栗平 
店名 櫻屋 (さくらや)
TEL 044-989-2776
住所 神奈川県川崎市麻生区片平1539
交通手段 栗平駅から、徒歩12分(1.0km)です。栗平駅から657m
営業時間
[日・火~土]
10:30~14:00(L.O.13:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日
月曜・第3火曜(祝日の場合営業)

蕎麦藍in熊谷

画像
熊谷に用事があったので済ませた後久々に藍へお邪魔した。前回は数年前に森林公園の帰りに寄った。17時30分の開店と同時に入店した。藍さんは先日のブルータスですこし紹介させて頂いた。来年にはムック版にて再発売されるようなので紹介させて頂いた。開店直後だったのでご主人といろいろと蕎麦談義をした。先日訪問した京都の甚六、秦野市のくりはら、菊谷、眠庵等のご主人のお話で話が弾んだ。皆さん勉強熱心で情報交換をされているようだ。今年から埼玉の船津倉庫の蕎麦粉を使い始めたようだ、先日サロンで講演して頂いた宮本製粉の粉も評判が良いようだ。

画像

店名 蕎麦藍
TEL 048-522-6654
住所  埼玉県熊谷市中奈良1896-4
交通手段
熊谷警察、熊谷バイパス、方向から太田方面に国道407号線を北行。
信号「中奈良」を右折して最初の交差点(信号なし)を右折してすぐ。看板あり、信号の手前に、庵の壁・文字が見えます。
籠原駅から3,868m
営業時間 [月]
11:30~15:00
[水~日]
11:30~15:00
17:30~19:30
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日、毎月15日
席数
20席 (小上がり3卓×2~4席、テーブル3卓×4席。)
駐車場
有(店の前に、5台程度。)
落ち着いた空間、席が広い、座敷あり
ホームページ
http://www.ans.co.jp/u/ai/

画像
蕎麦前は菊姫と四季桜をいただいた。蕎麦は二種類で常陸秋蕎麦と丸岡産である。両方とも既に新蕎麦である。常陸秋蕎麦は大変甘みが強く滑らかで今年の出来映えの良さを感じた。丸岡も良いのですが少し寝かせた新年を超えた辺りの蕎麦に期待したい。

画像
画像
画像
画像
画像

MACメディカル事務局会

画像

MACメディカルの事務局会を三菱総研にて開催した。来年一月の賀詞交歓会の詳細と三月の講師の案について検討した。1月は大阪大学の森下竜一教授のお話があります。その他いろいろな企画案を考えている。江戸ソバリエによる蕎麦ぶるまいは今年もおこなう。皆さん100人募集しますので参加をお待ちしています。

ソバリエ九期生誕生in明治大学

画像

平成24年度江戸ソバリエ64名様、おめでとうございます。平成24年度の江戸ソバリエ認定式が、11月24日(土)、明治大学駿河台キャンパスで開催されました。優秀賞は江戸蕎麦学の観点から審査し、7名様に脳学レポート優秀賞、8名様に舌学ノート優秀賞を贈呈された。

画像
画像
認定式の後はこなもんさんと私の紹介者を含めた9期生の有志を募り祝賀会を開催した。倶楽部の会長以下三役も参加され新旧のソバリエがつどいよい交換会となった。これを契機に9期生の組織作りに入って頂ける環境の整備はできた。あとは皆さんの自主性に期待しよう。

居酒屋「清龍酒蔵/神田店」 3階宴会場
http://www.seiryu-sakagura.com/shop_kanda.html

画像
画像
画像
画像


画像
画像

画像
画像
画像

ソバリエ九期認定式その前に松翁in千代田区猿楽町

画像

ソバリエ9期生の認定式が行われる。ソバリエ有資格者の同窓会である「ソバリエ倶楽部」への入会
をみなさんに薦めている。本日は倶楽部紹介の資料を神保町のキンコーズにて行いその後昼蕎麦は近くの松翁へお邪魔した。久々にけんちん蕎麦をいただいた。

画像

店名 松翁 (まつおう)
http://tcn-catv.easymyweb.jp/member/matsuou/
TEL 03-3291-3529
住所 東京都千代田区猿楽町2-1-7
交通手段
JR 水道橋駅より徒歩7分
都営地下鉄三田線・都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線 神保町駅より徒歩5分
神保町駅から407m
営業時間
[月~金]
11:30~15:30
17:00~20:00(L.O)
[土]
11:30~16:00(L.O)
ランチ営業
定休日
日曜・祝日・年末年始・お盆

画像
画像