テーマ:蕎麦の本

蕎麦のテーターベースNO2  江戸蕎麦めぐりで紹介したお店

江戸蕎麦めぐりで紹介したお店 http://sobalier.jimdo.com/蕎麦のデーターベース/江戸そば巡り/ ■受け継がれる江戸蕎麦の心意気 虎ノ門大阪屋砂場 東京都港区虎ノ門 総本家更科堀井 東京都港区元麻布 かんだやぶそば 東京都千代田区神田淡路町 横浜元町一茶庵 横浜市中区元町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山・里海創遊会のイベント 参加  主催者: 古川 修氏

ベストセラーの「蕎麦屋酒」著者古川 修さんが主催している里山・里海創遊会のイベント へ一泊二日で参加しました。 スケジュールは概略9日の午前に芳賀町の畑の種まき、終了後に温泉経由で那須烏山に移動して宴会準備。前夜祭を野菜直売所の小屋で開催。那須烏山市 民宿「今ちゃん」に宿泊。畑のすぐ近くです 。今回の二日目の烏山での種蒔きは台風の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ倶楽部通信No.25号の発刊

江戸ソバリエ倶楽部が発行する会員の為の通信も第25号を発刊するまでになりました。毎回ソバリエの活動の様子が分かります。ご希望がありましたら前島までご連絡ください。PDFファイルをメールで差し上げます。(但し会員限定です) ■今回は抜粋してお知らせします
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ倶楽部通信No.24号の発刊

江戸ソバリエ倶楽部が発行する会員の為の通信も第24号を発刊するまでになりました。毎回ソバリエの活動の様子が分かります。ご希望がありましたら前島までご連絡ください。PDFファイルをメールで差し上げます。(但し会員限定です)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

All About:酒蕎庵まろうどin神楽坂

富倉蕎麦が食べられる まろうど(神楽坂) 東京神楽坂にある「酒蕎庵まろうど」は、都会にして古里へ帰ったような感覚を与えてくれる。客席は総席数で45席、宴会最大人数40名(着席時)と大人数で貸し切りのときに便利であり、利用している。執筆者:前島 敏正 詳細は下記へどうぞ http://allabout.co.jp/gm/gc/4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/18第60回蕎麦屋de819会は神楽坂の和可菜で開催します

第60回蕎麦屋de819会は神楽坂の和可菜で開催します。各節目には神楽坂の和可菜で開催している。ホン書き旅館「和可菜」の本でも紹介されている和可菜のsさんとは蕎麦を通じての縁があり開催した事が始まりである。sさんは女優小暮実千代さんのお孫さんにあたる。ご本人も時々句会へ参加されている。2階の個室で貸し切りとなります。20名から22名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ通信の第23号が発行

江戸ソバリエ通信の第23号が発行となりました、広報担当の役員様おつかれさまでした。前回22号より通信は全面カラーで小雑誌となれました。目次は下記参照ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡愚in大阪市大正区

神戸大学でのサイバー絆研究所が主催する講演会も無事終了して帰りには大阪の凡愚へお邪魔した。今回作成した神戸の蕎麦屋(一部大阪含む)マップを頼りに神戸から数回乗り換えて大阪市大正区の木津川へ到着した。東の竹やぶ、西の凡愚と言われており、外観が個性的である。内装も個性的でメニューは壁にかかれている数種類のみ。 神戸の蕎麦屋(一部大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

All About:記事執筆スタート

All About:記事執筆依頼メールが届き本日9/10にページがオープンとなった。記事は下記二点が公開となる。 一日一組限定 そば工房玉江(駒込) そば工房玉江は、そば道具職人が始めた蕎麦屋で一日一組限定である。せいろは常陸秋そばを端正に切り揃えた細打ちの見事な蕎麦。ふわりと蕎麦の香りがうれしい。蕎麦の存在感がしっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9/17第56回蕎麦屋de819会はcafe 108で開催します

第56回蕎麦屋de819会は代々木のカフェBAR 108で開催します。今回は平尾香さんの絵が飾ってあるお店で開催します。蕎麦料理は一品用意しています。多数の方の参加をお待ちしています。 【会場】 カフェBAR 108 【日時】9月17日 火曜日 18時30分~ 【予算】3000円+酒類 カフェ · バー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ倶楽部通信No.22号発行

江戸ソバリエ通信の第22号が発行となりました、広報担当の役員様おつかれさまでした。今回から通信は全面カラーで小雑誌となれました。目次は下記参照ください。 今回は久々に投稿させていただいた。その記事の全文をお知らせします。 ■新潟の小嶋屋さんと山菜祭り巡り■ 江戸ソバリエ倶楽部企画の一環で江戸ソバリエ認定の店〔Edo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪「砂場」の蕎麦の味が、どんなものであったのか『蕎麦のソムリエ』講座

昨年より興味深い講座、感動のイベントに参加しています。それは下記の二点です。蕎麦鑑定士は全国で75名の有資格者となった。私も資格を取得できました。こちらの受講者は現役の蕎麦屋さんが多いようだ。先日も筑波で寄った蕎麦屋の店主が鑑定士の資格を取得されている方でした。鑑定士の有資格者めぐりの食べ歩きも計画してみたい。 (『蕎麦鑑定士』養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソバリエブログ 464686 件 達成です

ブログを開設してもう九年となります、ビックローブ事務局より下記ご案内をいただきました。ヒット数は 464686 件 になりました。見返すと懐かしい内容も思い出されます。 ○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●   ブログを開設してから、もうすぐ9周年!! ●━━━━━━…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BRUTUS特別編集 合本 ラーメン、そば、うどん。 (マガジンハウスムック) [ムック]

昨年発売されたBRUTUS(ブルータス)2012年8/1の特別編集合本【発売日: 2013/1/11】が届いた。前回は長澤まさみさんが表紙であったが今回は白を基調にしたそば、うどん、ラーメンと文字だけが書かれている解りやすい表紙となっている。この中のP50からP54までの4ページに亘り「蕎麦ブローガー覆面鼎談」のコーナーに掲載されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦春秋24号-365日食べ歩きソバリエ日記-

蕎麦春秋24号が届いた、365日食べ歩きソバリエ日記より抜粋。 365日食べ歩きソバリエ日記 1.蕎麦屋巡り (八~十月)  ここ三ヶ月の蕎麦屋巡りは四十六軒となる。年間では百八十~二百軒と蕎麦屋巡りをしている。初訪問のお店は神楽坂の「もがみ」、東十条の「一東庵」、長野県長和町の「利休庵」、白樺湖湖畔「そば処きみまち庵」等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秦野市くりはらさん他蕎麦屋紹介記事

今年の各蕎麦雑誌には蕎麦特集が少なかったように感じている。その中で年末に掛けて小田急の広報紙に2ページに蕎麦屋の紹介があったので紹介する。小田急沿線に住まわれているソバリエ8期生のTさんからの紹介。一昨日のソバリエ倶楽部忘年会の受け付けにて配布した。Tさん有り難うございました。 http://www.odakyu.jp/compa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦藍in熊谷

熊谷に用事があったので済ませた後久々に藍へお邪魔した。前回は数年前に森林公園の帰りに寄った。17時30分の開店と同時に入店した。藍さんは先日のブルータスですこし紹介させて頂いた。来年にはムック版にて再発売されるようなので紹介させて頂いた。開店直後だったのでご主人といろいろと蕎麦談義をした。先日訪問した京都の甚六、秦野市のくりはら、菊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そば切りからに」in大阪福島区

京都、大阪日帰りの蕎麦屋巡りの二件目は大阪福島区の「そば切りからに」へお邪魔した。前職の勤務地のすぐ近くに誕生したと聞いておりやっと訪問ができた。懐かしい大阪環状線で大阪駅から一つ目が福島である。その商店街を抜けて5分程度歩いた所にある。大きく白いのれんに少し控えめな文字で書かれている。食べる人の好みに合わせて爽やかなのど越しの細切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第四十五回ソバリエサロン終了

第四十五回ソバリエサロン終了。今回は宮本製粉の製粉技術部長 荒川禎友様の登場でした。演題は「春蒔き蕎麦の育成について」のお話をおききしました。多数のソバリエの参加があり質疑応答が盛んに行われソバリエの蕎麦育成への関心の高さを感じた。 【日 時】11/22 木曜日 18時30分~   18時30分~19時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10歳若返るアンチエイジングキャンプin前橋へ参加

10歳若返るアンチエイジングキャンプin前橋の一部に参加した。主催者の前橋温泉クア・イ・テルメ、前橋温泉クリニックの岩波先生よりご案内いただいた。下記のスケジュールと案内はフェイスブックから引用させて頂きました。この会で講師の白澤卓二教授とも久々にお会いできた。MACメディカルの紹介とソバリエの宣伝をさせて頂きました。蕎麦とアンチエ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

9/24発売蕎麦春秋vol 23が届いた

蕎麦春秋vol 23 が昨日自宅に届いたので紹介させていただきます。 そば屋の「設え」こだわりの意匠 ▼奥社の茶屋《世界的建築家のそば屋》 ▼ソバキチ《壁なし仕切りなしの大胆デザイン》 ▼虎ノ門大阪屋砂場《文化庁指定の歴史的建造物》 ▼眠庵《廃屋をリノベーション》 ▼建築家・隅研吾《そば屋は街と一体感のある空間》 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

川越での句会及び百丈in川越

川越高校の文化祭「楠木祭」の一週間前に俳句の会が開催される。友人から聞いて事前に夏の兼題と当日の秋のお第で合計10句を詠んだ。橘主催の松本旭先生と本阿弥書店の本阿弥先生が参加者約30名の選句を行った。投句の二句が先生より評価を頂いた。この会が縁で蕎麦屋de819会へもお誘いする事になった。 久々の川越なので市内巡りのバスに乗車して「蕎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椎葉村の焼き畑ニュース

今年訪問した宮崎の焼き畑に火入れしたとのニュースを発見したので下記抜粋します。通常は8月上旬に火入れが行われるか今年は天候不順のため8/21と成ったようだ。片山さんは無事に訪問できたのでしょうか? 児童ら焼き畑体験 椎葉村 火入れとソバの種まき=宮崎2012/08/21 西部読売新聞   焼き畑農業が受け継がれている椎…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ通信19号発行のお知らせです

江戸ソバリエ通信19号発行のお知らせです。会員の皆様から寄せられた蕎麦に関するエッセイ、連絡事項等情報が満載です。江戸ソバリエの資格をお持ちの方で江戸ソバリエ倶楽部に入会されている方限定でメールにて通信を送付させていただきます。PDFですがカラー版でとても綺麗に仕上がっています。 メールでの受信希望される方は下記事務局 前島敏正宛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルータス2012.8.1号紹介

ブルータス2012.8.1号に紹介して頂いた。「蕎麦ブロガー覆面鼎談会。」本業の合間を縫い、蕎麦を食って食って食いまくり、ブログで書いて書いて書き倒す、熱き蕎麦ブロガーお3方にご登場を願い、あふれる蕎麦愛を語り尽くしていただきます。秘蔵のネタも大流出か!? 蕎麦好きも極まれりの、ソバリエ前島さん、Yukaさん、蕎麦人さん。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア旅行の紀行文紹介

江戸ソバリエ霞の会で一緒にそば打ちをしている文房具メーカ勤務の石垣さんがイタリア旅行にいかれ、その旅行記が紹介されたので下記紹介します。江戸ソバリエ協会のホームページ参照ください。下記はその抜粋です。 本日そば打ち定例会でイタリアのそば粉で作った料理を頂きます。 http://www.edosobalier-kyokai.jp/k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸ソバリエ協会だより 第29号

~ 江戸ソバリエ協会だより 第29号 ~が届いた。下記抜粋で紹介します。 ☆平成24年度の江戸ソバリエ認定講座、満員御礼♪ 受講生募集に際しましては、多くの皆様方の仲間(Society)づくりに情熱を注いでいただきまして、まことにありがとうございました。お蔭さまで6月末をもって満席となりましたが、その後も問い合わせが続いており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨在来種の「火畑(ひはた)そば」。焼畑のなごり?

「火畑そば味わって」 高根の道の駅で販売 2012/06/14 岐阜新聞朝刊 蕎麦関係のニュースを探していると火畑と言うキーワードがヒットした、早速調べてみると下記のようだ。 火畑そばの由来は・・・・その昔この地域は焼き畑農業をしていたことから、火畑農業→日和田となった。 http://www.gifu-np.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦春秋 vol.22 (2012年06月25日発売)

蕎麦春秋 vol.22 (2012年06月号が明日25日に発売される。 ソバリエ日記も今回で第四回目となった。◯前島 敏正/江戸ソバリエ倶楽部事務局長江戸ソバリエ・ルシックぜひ店頭でご覧ください。一冊500円とお手頃です。 ■ 特 集 そば屋の「逸品」 定番から創作料理まで 趣向を凝らした自慢の一品料理の数々 ▼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more