テーマ:日本酒

蕎麦てりあ・代官山

蕎麦屋未訪問リストに掲載した「蕎麦てりあ」へ訪問した。東横線代官山の駅から数分に位置する。店内はおしゃれな空間であり各種催し物が開催される。近々ハーモニカと創作蕎麦の会があるようだ。 http://fwgj.at.webry.info/201007/article_11.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめこや・豪徳寺

未訪問蕎麦屋のリストにある豪徳寺「あめこや」へ訪問した。あめこやという店名の由来は“木の家具が使い込むうちに飴色になるように、味わい深い店になりたい”という願いをこめて…ということらしい。蕎麦屋de819会で一緒させて頂いているyukaさんと夢八さんのご推薦のお店である。 ダイヤモンド・オンラインに鎌 富志治(夢ハ)さんの蕎麦屋紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞の会ソバ打ち終了

霞の会蕎麦打ちは今回は6種類の蕎麦粉の食べ比べを行う。先日サロンで講演いただいた船津さんの夏新そば、大野在来、八溝蕎麦街道の寒晒し蕎麦、出羽香りの寒晒し蕎麦、変わり蕎麦は芥子きり、等々それぞれ個性のある蕎麦を試食した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑笑庵・銀座

第44回MACメディカル交流会は立川中央病院附属健康クリニックに院長田中照二先生に『健診からみたメタボリックシンドロームと脂肪肝』というテーマで講演をして頂いた。田中先生は江戸ソバリエでありその縁で講演が実現した。当日は江戸ソバリエの方も参加され、懇親会まで参加された。懇親会会場の笑笑庵は講演会場の地下にあり場所の移動に時間がかから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手打ちそば 睦

中野にあるお店に久しぶりにお邪魔したが、お休みのため近くの蕎麦屋「手打ちそば 睦」へお邪魔した。以前より店の場所は分かっていたが、本日訪問する事が出来た。店名の由来はご主人原田睦さんのセカンドネイムに依る。修業先は大井町の布恒更科のようだ。 http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/blog-entry-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵元と十割蕎麦の会(松乃井)

先月新潟の小嶋屋さん訪問のときに見学させて頂いた酒蔵「松乃井酒造場」さんの会があり参加した。福島県のアンテナショップである「コロンブスハウス」で開催され古澤社長と久々に面談が出来た。小嶋屋さん訪問した江戸ソバリエの有志7名も参加した 日時:6月23日(水) 場所:そば酒房 福島 http://r.tabelog.com/tok…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本酒道連盟会報№27号

会報27号が届いた。表紙の写真はスポンサーの宮坂醸造の仲仕込みの様子である。30年ほど続いているお酒の勉強会である。会員の皆様にはご無沙汰しております。 座談会に出席されたのは「馬渕知子先生」であり「日本酒は体に良い」がテーマである。 馬渕知子先生プロフィール マブチメディカルクリニック院長。 専門は内科・皮膚科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明利酒類」の蔵開き朝日新聞に紹介

梅酒研究会でお邪魔した「明利酒類」の蔵開きの様子が朝日新聞に紹介された。インタビューを受けた同行者から案内があった。 水戸市元吉田町の酒造会社「明利酒類」で28日、蔵開きがあった。同社は大吟醸が出来上がったこの時期に毎年蔵開きしている。3千人以上が訪れ、フラダンスなどのイベントや試飲を楽しんでいた=写真。  展示販売では、昨秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会

誰が声をかけるわけでもなく、毎年同じ場所、同じ時間に集まる会である。高校時代の柔道部の集まりである。今年で9回目となる。母校は「ウォーターボーイ」で有名になった川越高校である。集合場所は池袋、時間は夕方16時~ 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回梅酒研究会in汐留

第10回梅酒研究会はカレッタ汐留の「はるの」で開催された。乾杯の挨拶後に研究会主宰の明星智洋先生より10回の軌跡についての報告があった。スライドで過去の写真やこれまでの歩みとこれからの課題を熱く語られた。特別講演として明利酒類の千田浩様が講演された。明利酒類は芋梅、百年梅酒を世に送り出している茨城の酒蔵である。茨城の常陸秋蕎麦で最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無茶庵

ロハス・ビジネス・アライアンスに参加するために目白の椿山荘へ行く。前から気になっていた「無茶庵」で梅錦と前菜、10割蕎麦を頂き至福の時を過ごした。 【お店情報】 店名 無茶庵 (むちゃあん) TEL 03-3943-1101 住所 東京都文京区関口2-10-8 椿山荘 庭園内 営業時間 [月~金] 11:30~15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驀仙坊

夢の島のソバの花を見学した後は以前より気になっていた中目黒の驀仙坊へ訪問した。MACメディカル会員のYさんが名古屋より出張でこられたので一緒させていただいた。驀仙坊はなかなか読むことが難しい。「ばくざんぼう」 と読む。休日に連続営業が嬉しい。 【お店情報】 TEL 03-3792-8823 住所 東京都目黒区青葉台1-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒めん肴2008年10月号

酒めん肴2008年10月号に霞の会 吉田悦花さんのエッセイが連載されている。今回は霞の会の蕎麦旅行の事が書かれている。4年ほど前からの蕎麦旅行が思い出される良いエッセイでした。 伊豆編 朴念仁(伊豆・修善寺) http://www.redolog.net/sobalier/archives/001852.html い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

■「日本酒で乾杯推進会議」フォーラム

■「日本酒で乾杯推進会議」総会、フォーラムの開催 「日本酒で乾杯推進会議」総会、フォーラム及び懇親パーティーへ参加。フォーラム後の懇親パーティーでは、全国45都道府県の美味しい日本酒と各地域の郷土料理や東京會舘ご自慢の料理を頂いた。 開 催 日 : 平成20年10月2日(木) 会  場 : 東京會舘(東京都千代田区丸の内3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サロン形式の勉強会

フュージョン事務局会をフュージョンサロン(自称)で行なう。他の参加者も料理、お酒も満足頂いたようだ。演者の募集をして具体的にサロン形式の勉強会を開催したい。 1.日時   毎月 第2金曜日  午後6時30分~2時間                   2.場所   カフェ・ド・リバネス          営業時間 : 月曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽坂

神楽坂の一室はお茶室のような風流なところである。二部屋を繋げてお茶会、俳句の会が休日には行われている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役員会その後「卯のや」

江戸ソバリエ倶楽部の役員会は毎回九段下のMビルを利用させて頂いており感謝です。もちろんMビルのオーナーはソバリエである。会長の人事も決まり本日の議題は全て終了。打ち上げは久々に「卯のや」千代田区飯田へお邪魔した。写真のそばのカーシャ(粥)は突き出しである。長芋との組み合わせもなかなか美味しいものである。 二八のせいろは730円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠庵

梅酒の会のあとは数人で神田の眠庵へお邪魔した。土曜日であるがほぼ満席であった。丁度カウンター席があいたので座ることができた。初訪問のお二人はかなり蕎麦に興味があるらしくそばの種類、産地、海外の蕎麦粉の状況について店主に質問攻めであった。内モンゴル、スロベニアでは日本の三倍のそばの消費量があるらしい。 本日のそば粉は手前が福井産、奥…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第7回梅酒研究会

梅酒研究会については公式サイト参照。http://www.umeshu-sg.jp/会のコンセプトは「身近な梅酒をもっとよく知って、梅酒を楽しむ」である。癌研の先生が下記に詳しく説明されている。「現段階でのアルコールと健康に関するエビデンスと今後の命題(明星 智洋)」http://www.umeshu-sg.jp/2006/11/p…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

獺祭新酒の会

今年も「獺祭新酒の会」を永田町の都市センターホテルで開催される。獺祭の全アイテムの新酒及び今年の新酒はどんな傾向かが把握できるそうです。 ■日時  2008年2月24日(日) 18:30~20:30 ■場所  都市センターホテル 3Fコスモスホール   東京都千代田区平河町2丁目4番1号   (地下鉄永田町9番出口か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチンスタジオ・ボージョレーヌーボー

久々にキッチンスタジオへ参加した。参加者から持ち込まれたボージョレーヌーボーを楽しむ会である。料理は小石ユウイチさん。伊東から直送された鮭をさばく姿は週末料理人である。 ボージョレーヌーボーのポイント下記三点 1 ガメイ種   2 マセラシオン・カルボニク法   二酸化炭素を吹き込んで発酵を促進させること。独特の発砲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレコンサート

2007.12.11.に東京文化会館小ホールで石井ご夫妻のコンサートが行われる。 http://www.proarte.co.jp/c_detail.php?cate=20&fileid=130431 演奏 ピアノ:石井啓子 Ishii Keiko, piano ヴァイオリン:石井啓一郎 Ishii Keiichiro, v…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本酒で乾杯推進会議」フォーラム

「日本酒で乾杯推進会議」のフォーラム及び懇親パーテイへ参加した。日本酒造組合が「日本酒で乾杯」を推薦する会である。ソバリエ霞の会のメンバーで参加。全国の49銘柄のお酒が飲み放題であった。全ての酒を飲んだいう「女性酒豪」には敬服した。 ・テーマ 「乾杯三態」~日本のかたち、日本のこころ~ ・ホスト 神崎 宣武 氏 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東風庵・利き焼酎

第二回目となる「利き焼酎の会」開催、霞の会メンバー数十名と某メーカーと合同で実行した。詳しいことは現在は公表できないので後日公表。 東風庵をほぼ貸し切り状態で意見交換を活発に行った。二次会は京橋本店の恵み屋へダッタンそば湯割りを頂いた。皆の意見は好評であった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練馬・ふるまい蕎麦「ふる井」

蕎麦喰い地蔵講終了後有志で「ふる井」へお邪魔した。ふる井は自遊人今月7月号に登場している気になるお店であった。アイデアを生かした料理は評判どおりである。練馬の中でも激戦区にオープンされたが他店と違ったコンセプトで差別化を図る名店である。 ヨモギ切り蕎麦は姿、色とも申し分ないきれいなそばである。 詳細は霞の会ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回蕎麦喰い地蔵講

第4回目となる蕎麦喰い地蔵講は大勢の方の参加を得て無事終了。この会の主旨は「日頃蕎麦を愛好し、蕎麦を打ち、食べ歩き、薀蓄を語らっているものとして、蕎麦への感謝をこの蕎麦喰地蔵を通して表現し、これをご縁に情報の交換、さまざまな分野で活躍される方々との交流をとおして、蕎麦の歴史や文化を学び、益々の蕎麦知識/技能の研鑽を期待するものである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石井ご夫妻コンサート

多分ギネスへ申請すれば認定されるであろう石井ご夫妻の30周年記念コンサートへソバリエ仲間とお邪魔した。普段あまり使わない右脳の刺激となり楽しいひと時を過ごさせていただいた。内容は下記。 ヴァイオリン:石井啓一郎 ピアノ:石井啓子 石井さんは日本酒及び蕎麦関係の繋がりです。 プログラム: ヘンデル / ヴァイオリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野の酒メッセ in 東京2007

長野の酒メッセ in 東京2007 第四回目の長野の酒メッセにソバリエ数人でお邪魔した。割引券があり1500円のところ1000円で入場ができた。 http://www.nagano-sake.or.jp/topics/index.html 開催日時 2007年5月22日(火) 開催時間 13:00~20:00 (業界関係…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本酒道連盟の総会

日本酒道連盟の総会に参加した。今年で20回目と歴史のある会である。第九号議案まで滞りなく終了した。20周年記念の日本酒のマイボトル企画があり楽しみである。 5月19日(土) 第20回定時総会開催】  日 時:5月19日(土)午後4時より  会 場:上野精養軒「藤の間」    台東区上野公園4-58 ℡3921-2181 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父蕎麦会

ソバリエ霞の会有志で秩父蕎麦食べ歩きを実施した。倶楽部会長のt氏が30数回通ったという田中屋へその後「芝桜」見学、「秩父錦」の酒蔵資料館。二軒目は「花いかだ」その後「武甲温泉」三軒目の「大むら本店」で終了 詳細は霞の会ブログを参照 http://www.redolog.net/sobalier/archives/002648.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more