sobalier-maejima(ソバリエ前島)

アクセスカウンタ

zoom RSS 蕎麦のテーターベースNO1 蕎麦春秋1号〜20号

<<   作成日時 : 2014/10/09 15:45   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


こちらのホームページにも掲載しました
http://www58.jimdo.com/app/s02b2165c8681c09b/pb2de38bd53ca3c80?cmsEdit=1

蕎麦春秋掲載店 黄色は未訪問店
http://www.fujisan.co.jp/product/1281682114/


□蕎麦春秋vol20 2011/12/24
特 集
《全国 新そば祭り》
各地のそば祭りをレポートするとともに、
2012年1月以降に行けるそば祭りも紹介する
▼長野県 ▽戸隠新そば祭り
▼秋田県 ▽第2回新そば祭り 仙北食べ歩きスタンプラリー
▼栃木県 ▽日光そばまつり
▼島根県 ▽中国四国そばfest. in 松江
▼北海道 ▽第18回幌加内町新そば祭り
▼山梨県 ▽第2回白州鳥原平新そばまつり
匠 の 流 儀
▽「いいものを使う」
東京・葛飾「手打そば処 玄庵」貝塚隆雄さん
▽「素材からブレンドまでこだわる」
東京・白金台「利庵」三好利夫さん
蕎 麦 四 景
▽セットでお徳な「昼の蕎麦膳」
埼玉・大和田「手打蕎麦 椋庵」
▽そばと旬彩を気軽に
埼玉・蓮田「SOBA DINING 空楽」
▽復活! 芝海老の「天ぷらそば」
東京・浅草「吾妻橋 やぶそば」
▽接待にぴったりのそば割烹
東京・赤坂「手打ちそば 三平」
連 載
▼立木義浩のそば行脚
「手打ちそば 芳とも庵」東京・牛込神楽坂
▼JRで行くそばの旅
福島/山都・会津若松
▼人
墨線画家/伊嶋 みのるさん
▼暖簾めぐり
本陣房
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員長
▼そばにまつわる物語
手打ちそば
◯岩崎 信也/蕎麦研究家
▼そばを「読む」
はみ出す海老の「天ぷらそば」
◯関口 一喜/J-CASTニュース・シニアエディター
▼哲学者のそば紀行
ひと味違う修学旅行
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
▼新・そばの周辺

▼牧太郎の「隅田の風」
朝飯抜いても「そば」を食え! 家康と「砂場総本家」
▼そば粉でもう一品
そば粉のロールケーキ
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
▼そばと温泉のMariage ―マリアージュ―
那須高原料理 蕎麦 石心 with エルグランド
▼ソバリエ日記
◯前島 敏正/江戸ソバリエ倶楽部事務局長
江戸ソバリエ・ルシック
▼中国麺紀行
▼そばニュース
▼読者の声/編集後記
■蕎麦春秋の掲載記事
Special Interview (Vol.18 2011/06/24)
埼玉◎秩父「こいけ」 (VOL.16)
江戸蕎麦と「遊女」 (VOL.16)
軍鶏そば 埼玉・さいたま「三次郎」 (VOL.15)
北海道○帯広「小川」 (VOL.14)
□蕎麦春秋vol19 2011/09/23
特 集
おもてなしの心を表す郷土の味
<「わんこそば」と世界遺産・平泉>
早食いや大食いのイメージが強いが、
その根底にあるのは「おもてなしの心」。
盛岡、花巻、平泉……地域・店によって味や汁、
薬味も異なる岩手の郷土料理「わんこそば」を訪ねた。
▼盛岡 ▽直利庵/東家/やぶ屋 フェザン店
▼花巻 ▽やぶ屋 花巻総本店/嘉司屋
▼平泉 ▽芭蕉館/駅前芭蕉館/
泉橋庵 支店/そば庵 しづか亭
☆ Special Interview ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
漫画家◎山本 おさむさん
そばをテーマにした漫画『そばもん』を
ビッグコミック(小学館)に連載中の
山本さんにお話をうかがった
匠 の 流 儀
▽「浮薄なそばはつくらない」
静岡・熱海「手打蕎麦処 多賀」渡辺裕さん
▽「習うより慣れろ。関西圏での挑戦」
大阪・和泉「石臼挽き手打蕎麦 いづみや」安井雅人さん
蕎 麦 三 景
▽野菜たっぷりの「天ざるそば」
◯北海道・洞爺湖温泉「そば蔵」
▽本場、長崎の「じゃこ天そば」
◯東京・神田小川町「そば酒房 福島」
▽板そばときじ汁が珍しい「きじ汁せいろ」
◯東京・神保町「そば切り 源四郎」
連 載
▼JRで行くそばの旅
長野・上田
▼立木義浩のそば行脚
「手打ちそば處 奈佳一」埼玉・日高
▼そばを「読む」
刑事も食通も「ざるそば」
◯関口 一喜/コラムニスト
▼そばにまつわる物語
江戸そば
◯岩崎 信也/蕎麦研究家
▼暖簾めぐり
更科
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員長
▼哲学者のそば紀行
「手打ち」か「マニュアル」か
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
【新連載】▼新・そばの周辺
辛み大根
▼牧太郎の「隅田の風」
深川の「一本うどん」は究極の肴?
【新連載】▼そばと温泉のMariage―マリアージュ―
長野 下諏訪「山猫亭」with ラクティス
▼ソバリエ日記
◯前島 敏正/江戸ソバリエ倶楽部事務局長
江戸ソバリエ・ルシック
▼人
千葉県そば大学講座実行委員会委員長/
日本大学教授 山崎 憲さん
▼千葉県そば大学講座レポート
▼全国そば祭り2011スケジュール
▼そばニュース
▼読者の声/編集後記
□蕎麦春秋vol18 2011/06/24
特 集
がんばろう! 東北
<東北のそばを食べに行こう>
激震、津波、原発事故に打ちのめされた東北地方。
しかし、我らの愛するそば処は健在だった。
この夏は、東北のそばを食べに行こう。
それが東北復興の力になる――
▼福島
▽桐屋 夢見亭/大内宿 三澤屋/会津山都蕎麦 蕎邑
▼宮城 ▽お蕎麦 妙庵/手打そば 錦町 招月
▼青森 ▽野の庵(弘前)
☆ Special Interview ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
――俳優◎串田 和美さん――
NHK連続テレビ小説『おひさま』で長野・松本の
老舗そば屋「丸庵」の店主を演じる串田さんに
ドラマとそばについて、話を伺った
匠 の 流 儀
▽「基本を知り、そして、極める」
神奈川・小田原「手打そば 星月」諸星二朗さん
▽「持てるすべてをそばにかける」
京都・五条烏丸「蕎麦工房 蕎麦の実よしむら」
吉村弘之さん/匠平さん
蕎 麦 三 景
▽絶妙の食感を味わう「豚角煮せいろ」
◯千葉・市川市「南大野 松月庵」
▽青森産天然きのこが生み出すハーモニー
◯東京・町田市「蕎麦萬両」
▽喉ごしのいい細打ち
◯東京・町田市「手打ち蕎麦・DINING 風の森」

★ from Paris ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
パリで出会う 手打ちそば「円」
―オンワードグループが
ジャパンクオリティーを発信―
連 載
▼JRで行くそばの旅
山形・山形市
▼そばにまつわる物語
二八そば
◯岩崎 信也/蕎麦研究家
▼哲学者のそば紀行
腕は石臼を、脚はペダルを
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
▼暖簾めぐり
尾張屋
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員長
▼牧太郎の「隅田の風」
スカイツリーの帰りは
律儀な「蕎上人(そばしょうにん)」の五色そば
▼そば粉でもう一品
サーモンのそばの実フライと明日葉のそば天ぷら
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
▼立木義浩のそば行脚
「蕎麦処 達磨」北海道・洞爺湖温泉
▼GO! GO! SOBA Drive
千葉・鴨川「手造りそば 打墨庵加瀬」
with メルセデス・ベンツ Bクラス
▼そばを「読む」
名人を通わせた「永坂更科」
◯関口 一喜/コラムニスト
□蕎麦春秋vol17 2011/04/25
特 集
草津・四万・沢渡・法師 群馬の温泉を巡る
☆鄙(ひな)び湯とそばの旅
あの内湯に入りたい――。
人々を惹きつける憧れの鄙び湯を訪ねて、上州へ。
湯に癒され、土地の人と語らうそば旅にご案内
▽草津温泉 ▼宿「山本館」
▼そば屋「うし代亭」「そばきち湯畑店」
▽沢渡温泉 ▼宿「まるほん旅館」
▼そば屋「よしのや」
▽四万温泉 ▼宿「四万たむら」
▼そば屋「小松屋」「なが井」
▽法師温泉 ▼宿「長寿館」
▼そば屋「たくみの里豊楽館」
蕎 麦 三 景
▽天もり◯神奈川・横浜「招福庵 花月」
▽よこはまばしそば◯神奈川・横浜「蕎麦処 安楽」
▽凛桜そば◯神奈川・逗子「手打ち蕎麦 凛桜」

匠 の 流 儀
▽「いつも同じ味。それは地道な努力の繰り返し」
静岡・静岡「安田屋本店」安田 裕さん
▽「やわらかな角のとれた出汁」
京都・伏見「京乃四季」瀬川 卓史さ
連 載
▼立木義浩のそば行脚
「蕎肆 穂乃香」東京・両国
▼JRで行くそばの旅
群馬・高崎市
▼食を語る
菅 義偉/元総務大臣 衆議院議員
【新連載】
▼そばにまつわる物語
二八そば
◯岩崎 信也/蕎麦研究家
▼暖簾めぐり
浅野屋
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員長
▼牧太郎の「隅田の風」
禁止令に虐められた「夜鷹そば」
▼そば粉でもう一品
そば粉のピッツァ
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
▼哲学者のそば紀行
そばは私のお守り――大震災のただ中
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
▼そばを「読む」
新米隠居を惑わす上品な「桜切り」
◯関口 一喜/コラムニスト
▼「そば」へ走る
FITハイブリッドと茨城「手造りそば 季より」

□蕎麦春秋vol16 2011/01/24
特 集
☆江戸蕎麦と「遊女」江戸期、繁栄を極めた「吉原」や、娼婦「夜鷹」の周辺には、蕎麦がつきものだった。
蕎麦を通して江戸っ子と遊女たちの文化と歴史を振り返る
▽祝いの蕎麦「敷初(しきぞめ)蕎麦」
▽大門外に店を構えた「釣瓶(つるべ)蕎麦」
▽遊里(ゆうり)にとけ込んだ「夜蕎麦売り」
▽「夜鷹」の哀れ
【コラム】
▼空から見た吉原の「町並み」
▼「浄閑寺」の無縁仏を訪ねる
蕎 麦 三 景
▽へぎそば・鴨汁◯新潟・十日町「小嶋屋総本店」
▽えび鶏とろろそば◯東京・世田谷「七つ海堂」
▽辛口カレー南ばん◯東京・東大前「小松庵 向丘店」

匠 の 流 儀
▽「まだまだ、と思う。でも、それはいいこと」
埼玉・秩父「こいけ」小池 重雄さん
▽「試行錯誤でつかんだ自分流」
東京・猿楽町「松翁」小野寺 松夫さん
連 載
▼牧太郎の「隅田の風」
芸達者な金春芸者が食べた よし田の「コロッケ蕎麦」
▼蕎麦を「読む」
池波正太郎が感嘆した「太打ちの蕎麦」
◯関口 一喜/コラムニスト
▼立木義浩の蕎麦行脚
「東京土山人(どさんじん)」東京・中目黒
▼暖簾めぐり
満留賀
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員
▼食を語る 1
土屋 賢二/哲学者・エッセイスト
◯柴本 淑子/編集者・コラムニスト
▼蕎麦の周辺
江戸漆器
▼「秘境の蕎麦」へ走る
フーガと神奈川「あしがら翁」
▼JRで行く蕎麦の旅
神奈川・鎌倉市
▼哲学者の蕎麦紀行
京都 蕎麦シンポジウム
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
▼食を語る 2
川阪 実由貴/『津軽百年食堂』製作総指揮
▼蕎麦粉でもう一品
揚げ蕎麦がきぜんざい
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
▼soba-shunju TOPICS
2006年度の新規店舗に比べ
消費電力20%削減の「ローソン」新店舗
▼話題
・「蕎麦Web検定大学」の課外講座が3月に開催
・全麺協が蕎麦打ち団体の全国大会を来年開催
・「全国素人蕎麦打ち名人」に北海道の折笠さん
▼cover story「虎ノ門砂場」

□蕎麦春秋vol15 2010/10/25
特 集
☆取り寄せ蕎麦大全
はるばる遠い産地に足を運ばなくても、
うまい新蕎麦を取り寄せることができる。
輸送技術が発達した現代の恩恵を享受して、
うまい蕎麦を味わう
▽名店の「新蕎麦」を楽しむ/蕎麦の茹で方
▽新潟・妙高市「こそば亭」
▽栃木・下都賀郡「蕎香」
▽福井・越前市「そば蔵 谷川」
▽島根・仁多郡「一風庵」
蕎 麦 三 景
▽彩り前菜せいろ◯埼玉・上尾「文楽 東蔵」
▽軍鶏そば◯埼玉・さいたま「三次郎」
▽板そば◯東京・銀座「大松屋 銀座本店」
匠 の 流 儀
▽「先代たちが築き上げた仕事を、いかに守っていくか」
東京・日本橋「室町 砂場」村松 毅さん
▽「努力の積み重ねが味に出る」
東京・目黒「小菅」小菅 紳二さん
連 載
▼蕎麦を「読む」
「坊っちゃん」が4杯平らげた「天麩羅蕎麦」
◯関口 一喜/コラムニスト
▼牧太郎の「隅田の風」
「両国矢ノ倉」の栄枯盛衰を知る
「あひ鴨一品 鳥安」
▼立木義浩の蕎麦行脚
「驀仙坊」東京・中目黒
▼暖簾めぐり
巴屋
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員
▼食を語る
中村 玉緒/女優
◯柴本 淑子/編集者・コラムニスト
▼蕎麦の周辺
蕎麦殻
▼「秘境の蕎麦」へ走る
アリオンA18と君津「九拾九坊」
▼JRで行く蕎麦の旅
東京都/渋谷区・新宿区
▼哲学者の蕎麦紀行
蕎麦屋のアンサンブル
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授
▼蕎麦粉でもう一品
蕎麦の実のリゾット 牡蠣のソテー添え
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
◯soba-shunju topics
セブン&アイの高品質PBワイン
「セブンプレミアム ボルドーAOC」が好評
◯レポート
トヨタ白川郷自然学校で過ごす
秋から冬の白川郷
◯列島蕎麦祭り便り
【Part.1】
「日本そば博覧会」と共催
「ふくいそばまつり」(11月5〜7日)
【Part.2】
全国蕎麦祭りスケジュール
▼話題
東京ガスの食育シンポジウム/蕎麦Web検定大学が開校
麺産業展開催/江戸ソバリエ有志が「蕎麦と温泉」の新刊本
▼cover story「有喜屋」先斗町本店/NEWS
読者の声/編集後記
■蕎麦春秋の掲載記事
軍鶏そば 埼玉・さいたま「三次郎」 (VOL.15)
北海道○帯広「小川」 (VOL.14)
鉄道で訪ねた悠久の出雲蕎麦 (VOL.14)
天ぷら (VOL,13)
石川◎金沢「更科藤井」 (VOL,13)

蕎麦春秋 vol14□2010/07/24
■ 特 集
☆鉄道で訪ねた 悠久の出雲蕎麦
野趣溢れる「黒蕎麦」と、上品な「割子」。
二律背反を調和させた「神々の蕎麦」の
歴史と精神を夜行寝台で旅する――
▽出雲大社の門前蕎麦屋「荒木屋」
▽駅舎が蕎麦屋「扇屋」
▽東京で味わう出雲蕎麦「日本橋元禄」「出雲そば いづ味」
■ 蕎 麦 三 景▽天下ごめん◯東京・西麻布「千利庵」
▽黒切りそば◯千葉・香取「小堀屋本店」
▽穴子天せいろ◯東京・南大井「いさ美庵」
■ 匠 の 流 儀
【北海道編】
▽「地場の産物を生かすことが、品書きの基本」
帯広「小川」小川 昌弘さん
▽「たかが蕎麦、されど蕎麦」
小樽「藪半」小川原 格さん
□ 連 載
▼立木義浩の蕎麦行脚
「笑笑庵」東京・銀座
▼牧太郎の「隅田の風」
「勘当」の味は名妓の
「豚笛トンカツ」と「丸花」のカレー丼
▼蕎麦を「読む」
「半七親分」が足を停めた夜鷹蕎麦
◯関口 一喜/コラムニスト
【新連載】暖簾めぐり
長寿庵
◯ほし ひかる/江戸ソバリエ認定委員
▼食を語る
三遊亭 歌武蔵/落語家
◯柴本 淑子/編集者・コラムニスト
▼蕎麦粉でもう一品
蕎麦粉の和風ビターバレン
◯IZUMI/江戸ソバリエ・きき酒師
▼蕎麦の周辺
海苔
▼JRで行く蕎麦の旅
弘前市
▼「秘境の蕎麦」へ走る
Eクラス ステーションワゴンと筑波山「ゐ田」
▼哲学者の蕎麦紀行
父子鷹、奏でる音は白い衝撃
◯石川文康/哲学博士・東北学院大学教授


▼cover story「有喜屋」先斗町本店/NEWS
読者の声/編集後記
蕎麦春秋 vol13□2010/04/24
■ 特 集
☆江戸蕎麦「五大種物」の温故知新
江戸から200余年を超えて受け継がれてきた「種物」。
「せいろ」が全盛の昨今だが、
“江戸蕎麦の粋”は種物にも残っている。
老舗の種物を通して、「江戸蕎麦の神髄」を探求する
▽天ぷら/鴨南蛮/おかめ/花巻/あられ
▽コラム「蕎麦屋の器と箸」
■ 蕎 麦 三 景▽千葉・千葉市「仲かわ」◯名物無量寿そば
▽東京・麹町「椎葉」◯彩り野菜のおろし蕎麦
▽神奈川・横浜「角平」◯つけ天
■ 匠 の 流 儀
▽「自分の舌を信じるしかない」
石川・金沢「更科藤井」藤井 誠さん
▽「道具と対話しながら打つ」
栃木・足利「蕎遊庵」根本 忠明さん
□ 連 載
▼立木義浩の蕎麦行脚
「津右衛門」東京・南蒲田
▼牧太郎の「隅田の風」
「討ち入り蕎麦」の玉屋は国技館の変遷と共に――
▼食を語る
女優/徳永えりさん
▼蕎麦の周辺
石臼
▼蕎麦粉でもう一品
桜エビと菜の花の 蕎麦粉入りがんもどき
▼JRで行く蕎麦の旅
「郡山市」
▼哲学者の蕎麦紀行
蕎麦はなくても蕎麦屋さん
◯石川文康/哲学博士
▼継承
京都・京都市「本家 田毎」
堀部勝也さん・和宏さん
▼「秘境の蕎麦」へ走る
CR-Zと秦野「石庄庵」
▼蕎麦を「読む」
蕎麦と筍は好物だった「司馬遼」
◯関口 一喜/日刊ゲンダイ編集委員
▼オススメ蕎麦本
『つれづれ蕎麦』(朝日新聞出版社)著者◯Yuka
▼話題
蕎麦サミット/ソバリエ協会/蕎麦打ち団体対抗戦/
豊後高田の「春蕎麦」
▼cover story「魚亭かみや」/読者の声/編集後記
蕎麦春秋 vol12□ 2010/01/25
蕎麦春秋の目次
●特集
会津に伝わる「正月蕎麦」
◯宮古「なかじま」を訪ねて
◯会津「桐屋」を訪ねて
◯会津の蕎麦事情
◯東京で味わえる「会津の味」
東京・神楽坂/蕎楽亭
東京・赤坂/赤坂たけがみ
●『蕎麦三景』
◯東京・神楽坂◎山せみ「そばかっけと湯豆腐」
◯東京・新橋◎天祥庵「にしんそば」
◯東京・芝大門◎いち匁「いち匁サラダ」
●『匠の流儀』
・「町の蕎麦屋に徹する」
東京・水道橋「浅野屋」 小林 伸行さん
・「隅々まで気配りする」
東京・市ヶ谷「大川や」 大川 英児さん
《連載》
●『牧太郎の「隅田の風」』
喜劇王エノケンが通った
浅草・尾張屋本店の「クマエビ」
【新連載】●立木義浩の蕎麦行脚
「そば処 宝喜家」東京・南品川
●『継承』
山形・村山市「あらきそば」
芦野又三さん・光さん・浩平さん
●『蕎麦粉でもう一品』
タワー型揚げ蕎麦あんかけ
●『哲学者の蕎麦紀行』
ニックネームは「蕎麦打つ人」
◎石川文康/哲学博士
●『JRで行く蕎麦の旅』
「甲府市」
【新連載】●「秘境の蕎麦」へ走る
スカイラインと塩原「蕎心庵」
●『蕎麦を「読む」』
岡っ引き夫婦の蕎麦屋
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集委員
●『蕎麦の周辺』
七味
●『食を語る』
【指揮者/井上 道義さん】
《Special》
●soba-shunju topics(蕎麦春秋トピックス)
@ローソンが「国産新米」の「100%米粉パン」を販売
Aタイミングよく予約して
「JAL」国内線を格安利用
●話題
●カバーストーリー「船橋更科」/
読者の声/編集後記
蕎麦春秋 vol11□ 2009/10/24
●特集
蕎麦研究に生涯捧げた「稀人」
「新島 繁」の全仕事
◯創業、書斎、日本麺食史研究所
◯小冊子、処女作、コレクション
◯歴史資料
◯錦絵、代表作
◯「遺作」のお品書き
「さらしな総本店」の蕎麦
●『蕎麦三景』
◯東京・経堂◎水埜「淡雪」
◯東京・西麻布◎蕎麦 たじま「そばがき鴨汁」
◯東京・成城◎成城 永山「大葉切りのバジルオイル アンチョビ和え」
●『匠の流儀』
・「ごまかさない仕事をする」
東京・築地「さらしなの里」 赤塚 滋行さん
・「蕎麦粉は鏡。その人を映す」
大阪・堂島「喜庵」 山本 三喜男さん
《連載》
●『牧太郎の「隅田の風」』
「やっちゃ場」の心意気残す
「ほそ川」の野菜天
●『哲学者の蕎麦紀行』
弔い蕎麦
◎石川文康/哲学博士
●『継承』
東京・町田「玄蕎麦 もち月」
望月正明さん・輝久さん
●『蕎麦の周辺』
深谷葱
●『JRで行く蕎麦の旅』
「日光市」
●『蕎麦のある宿』
「蕎麦学」の泰斗が協力
横谷温泉旅館(長野県・蓼科中央高原)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『蕎麦を「読む」』
「寝覚め」のおろし蕎麦
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集委員
●『蕎麦粉でもう一品』
けんちん蕎麦すいとん
●『食を語る』
【料理愛好家・シャンソン歌手/平野 レミさん】
●『蕎麦通のススメ』
「蕎麦猪口」文様
千の魅力と物語
◎岸間 健貪さん
蕎麦猪口蒐集家/「そば猪口美術館」館長
●『ひと』
「そばサミット」の開催準備で奔走
◎「日本蕎麦協会」専務理事・齋藤 孝夫さん
《Special》
●soba-shunju topics(蕎麦春秋トピックス)
「茹でたて」「揚げたて」にこだわり
「セブン&アイ」の「そば うどん處 七福 弁天庵」が好調
●蕎麦食い行脚のシーズン到来!!
日本列島「蕎麦祭り」スケジュール
□全国各地の「蕎麦祭り」149カ所を一挙掲載!□
●南三陸の酒と食
宮城・南仙台「浜料理 隆生丸」
●カバーストーリー「かんだ やぶそば」/
NEWS「蕎麦をテーマにした演劇『蕎麦切り』が年明け上演」/読者の声/編集後記/お知らせ
蕎麦春秋 vol02009/07/24発売号 (vol.10)
■蕎麦春秋の目次
●特集「『出湯と蕎麦』探訪」
◯青森・十和田「谷地温泉」──婆古石そば
◯秋田・湯沢「泥湯温泉」──弥助そば、彦三
◯山形・大蔵村「肘折温泉」──いずみや
◯山形・尾花沢「銀山温泉」──なんば、たか橋
◯岩手・八万平「藤七温泉」──民宿たちばな、安比丸大食堂
◯茨城・常陸太田「横川温泉」─丸太小舎
◯栃木・那須町「那須温泉郷」──高林坊
◯長野・栄村「秋山郷」──民宿 雄山荘
◯長野・松本「渋沢温泉」──旅館 仙洛
コラム□湯煙には昼の蕎麦前
◎吉田 悦花/俳人・エッセイスト
実践編□温泉と蕎麦どころの「歩き方」
◎前島 敏正/江戸ソバリエ「霞の会」事務局長
●『蕎麦三景』
◯東京・一番町◎吉田「錦そば」
◯東京・松原◎いな垣「とろろそば」
◯東京・日本橋◎やぶ久「丹波産 黒納豆そば」
●『匠の流儀』
・いまの品書きを大切にしていきたい
東京・神田須田町「神田まつや」小高 孝之さん
・十八歳で蕎麦修業の旅に
東京・吉祥寺南町「よしむら」金子 茂夫さん
《連載》
●『牧太郎の「隅田の風」』
幸田文の小説『流れる』に登場する「置屋の支那ソバ」
●『哲学者の蕎麦紀行』
離乳食の味はいかが
◎石川文康/哲学博士

●『継承』
東京・王子「無識庵 越後屋」
故坂場正則さん・正康さん
●『特別レポート』
蕎麦焼酎「神楽の舞」を求めて、宮崎・高千穂へ。
●『蕎麦粉で「もう一品」』
「蕎麦がき」の金目鯛包み
●『JRで行く蕎麦の旅』
「米沢市」
●『蕎麦のある宿』
手製の蕎麦道具が並ぶ「日光はなぶさ」(栃木県・日光)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『蕎麦を「読む」』
夏を涼む「冷やがけ」
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集委員
●ソバリエレポート
「神田明神」に蕎麦打ち奉納
◎ほしひかる/江戸ソバリエ認定委員・日本蕎麦協会理事長
●『食を語る』
【作漫画家・絵本作家/やなせたかしさん】
●『蕎麦通のススメ』
虹色の「変わり蕎麦」
◎高島陽一さん/ソバリエ・ルシック
●カバーストーリー銀座長寿庵」/NEWS「日本そばサミット」/読者の声/編集後記/お知らせ
蕎麦春秋 vol.9□ 2009/04/24
●特集「個室の蕎麦」を究む
◯赤坂「蕎介」 ◯赤坂「観世水」 ◯神楽坂「玄菱」
◯築地「さらしなの里」 ◯神田「尾張屋」 ◯渋谷「清山」
◯浅草橋「あさだ」 ◯浅草橋「更里」 ◯日暮里「遠山」
◯蒲田「津右衛門」 ◯大森「しのはら」
◯COLUMN
・「蕎麦屋の2階」が源流 ◎岩崎 信也/蕎麦研究家
・楽しきかな「蕎麦屋の個室」 ◎四方 洋/本誌編集長
●『匠の流儀』
・伝統に胡座かかない東京最古の「老舗」
東京・神谷町「巴町砂場」荻原 昭さん
・「シンプル」で「自分らしい」理想の蕎麦を求め続ける
東京・亀有「吟八亭やざ和」 矢澤 登志和さん
●『蕎麦三景』
◯東京・赤坂/室町砂場赤坂店「おかめそば」
◯東京・千歳烏山/典座「もずくそば」
◯東京・本郷/森の「銀宝天合い盛り」
《連載》
●『牧太郎の「隅田の風」』
「日本國高円宮」が愛した
大黒屋の「蕎麦めしとろろ」
●『蕎麦の周辺』
【蕎麦焼酎】麹も“蕎麦”の焼酎「十割」
●【新連載】『継承』
千葉・我孫子「蓬庵」
川口光雄さん・広之さん
●『ニッポンの「蕎麦人」』
包丁屋の技量が
冴える「蕎麦包丁」
◎包丁と料理道具の老舗「有次」/廣瀬 康二さん
●『蕎麦を「読む」』
音立てる「天ぷら蕎麦」
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集局次長
●『哲学者の蕎麦紀行』
蕎麦八峰──挑むべき多くの峰
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦粉で「もう一品」』
鶏と木の芽の「蕎麦団子」
●『JRで行く蕎麦の旅』
「仙台」
●『蕎麦のある宿』
大倉男爵元別邸の十割蕎麦
(神奈川県・箱根塔ノ沢「鶴井の宿 紫雲荘」)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『蕎麦通のススメ』
宮古島産蕎麦の「可能性」
沖縄・宮古総合実業高校環境班のみなさん
●『ひと』
◯『蕎麦の極意』を上梓
東京・池之端◎「蓮玉庵」主人/澤島 孝夫さん
●【新連載】『食を語る』
◎作家・言語学者/林 望さん
●カバーストーリー「上野藪そば」/BOOK『常陸秋そば』
読者の声/編集後記/お知らせ
蕎麦春秋 vol.8 2009/01/24 発売号
●特集「蕎麦の起源は寺に在り」
・「禅寺」との深い関わり
・蕎麦切り勃興の源流は「道元」
・400年前の古文書を再現した「妙興寺蕎麦」
・「水麿の図」がもたらした食の変革
・「歴史と伝統」の深大寺蕎麦
・「蕎麦三大噺」とゆかりの寺
・京都「門前蕎麦」探訪記
●『匠の流儀』
・「自然の恵み」求めて富士山の麓まで
静岡・裾野「蕎仙坊」齋藤 親義さん
・「2人の師」から教わった職人の在り方
東京・八王子「車屋」 小川 修さん
●『蕎麦三景』
◯東京・自由が丘/山久「くるみ入り白ごま汁そば」
◯神奈川・山下町/なごみ「湯葉あんかけ」
◯東京・新宿/彩蕎庵 吉遊「幻の焼畑そば」
●「牧太郎の『隅田の風』」
人情噺『中村仲蔵』の後は「そば好」の穴子天
●『蕎麦の周辺』
【鰹節】「にんべん」の製造協力工場を訪ねて
●「蕎麦を『読む』」
「四十七士」の蕎麦伝説
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集局次長
●『哲学者の蕎麦紀行』
借景の蕎麦
◎石川文康/哲学博士
●『JRでいく蕎麦の旅』
「函館市」
●『蕎麦のある宿』
「ヨモギ」がつなぎの郷土蕎麦
(群馬県・四万温泉「寿屋旅館」)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『老舗のいま』
「三吉橋 小嶋屋」4代目当主・伴野浩幸さん
●『蕎麦粉で「もう一品」』
鴨葱の「中華饅頭」
●「ニッポンの『蕎麦人』」
変革期に入った蕎麦粉市場の
「現状と展望」
◎全国蕎麦製粉協同組合理事長/石森康司さん
●『ひと』
◯「信州蕎麦」の認定制度を発足
長野・小諸◎信州そば産地表示推進協議会会長/中村利勝さん
◯蕎麦打ちシーンも吹き替えなし
NHKドラマ「だんだん」で出雲蕎麦店主を演じる/石倉三郎さん
●『蕎麦通のススメ』
「夢の島」で育つ江戸前産の蕎麦
東京都立夢の島熱帯植物館館長・樹木医/玉木恭介
●『日本の食を質す』
無農薬の「直営農園」
「サカガミ」社長
◎坂上和也さん
●ニュース/読者の声/編集後記/お知らせ
蕎麦春秋 vol.7
2008/10/24 発売号
●特集「奮い立つ『非蕎麦地帯の新鋭』たち」
・旭川……「蓬」「たちばな」「東家」「まるかめ」
・名古屋……「えびすや本店」「とう松」「江月」
・神戸……「堂賀」「正家本店」「一孝庵」
・徳島「祖谷(いや)蕎麦」……「そば道場」「祖谷美人」「もみじ亭」「仙吉」
◎江戸ソバリエ認定委員・日本蕎麦協会理事/ほし ひかる
●『匠の流儀』
・「老舗」の“原型”を淡々と引き継ぐ6代目
新橋「能登治」七尾信昭さん
・盛り上がる腕っ節に込められた「プロ魂」
白金「三合菴」 加藤裕之さん
●『蕎麦三景』                                                                                                           
◯東京・築地/布恒更科「ごぼう天もり」
◯神奈川・鎌倉/段葛 こ寿々「こ寿々そば」
◯東京・神田/十六文そば七「かつそば」
●レポート
来校者5万人を突破した「トヨタ白川郷自然学校」
秋冬の見どころ
●「ニッポンの『蕎麦人』」
「常陸秋そば」の地元で始まった「ブランド化作戦」
◎茨城・常陸太田市長/大久保 太一さん
●「牧太郎の『隅田の風』」
三菱を震撼させた「乗っ取り屋」は
愛人と「蕎麦よりおしるこ」
●「蕎麦を『読む』」
「御宿かわせみ」と「旨え」蕎麦がき
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集局次長
●『哲学者の蕎麦紀行』
蕎麦の香りの港町
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦粉で「もう一品」』
秋の味覚が勢ぞろい
「新蕎麦のキッシュ」
●『蕎麦の周辺』
「しょうゆ」
●『ひと』
◯「週に2日間」の“マボロシの蕎麦屋”を開いた
売れっ子のプロカメラマン
千葉県君津市「さのさ」ご主人・佐野猛男さん
◯長野県大町新行「美郷」ご主人
菜の花農業生産組合副組合長・種山博茂さん
●『蕎麦通のススメ』
盛岡市役所男女参画国際課長◎田口 善政
●『JRでいく蕎麦の旅』
「岩手県 一関〜平泉」フジタナ?巴町砂場で修行
●『蕎麦のある宿』
島崎藤村ゆかりの温泉宿で愉しむ蕎麦
「中棚荘」(長野県・小諸市)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『老舗のいま』
「箱根湯本 はつ花」
●『日本の食を質す』
「里山・里海」
国連大学高等研究所
いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長
◎あん・まくどなるどさん
●特別企画
日本列島「蕎麦祭り」スケジュール(秋〜冬)
蕎麦春秋 vol.6
2008/07/24 発売号
●特集「蕎麦打ちの『伝導師』」
・「森のそば屋」創夢長 高家章子さん
・NPO法人「そばネット埼玉」会長 阿部成男さん
・「寒山拾得築地そばアカデミー」学長 井上明さん
・「七望流そば道場」道場主 望月興博さん
・NHK文化センタ−青山教室「蕎麦打ち講座」講師 宮澤桂穂さん
●『匠の流儀』
「江戸蕎麦」の正当を貫く「9代目」
「更科堀井」 堀井良教さん
◎岩崎信也/ノンフィクションライター・蕎麦研究家
「蕎麦聖」に見込まれた「おやじの教え」を守り抜く
「市川一茶庵」 山寺常三さん
◎四方洋/本誌編集長
●『蕎麦三景』
・蕎楽亭「トマトそば」
・紅葉川「鴨南蛮ば」
・大井更科「品川そば」
●「ニッポンの『蕎麦人』」
蕎麦による「地域ルネサンス」成功の鍵
◎「会津そばトピア会議」会長/唐橋 宏さん
●新連載
「蕎麦を『読む』」
「鬼平」が張り込んだ蕎麦屋の二階
◎関口 一喜/「日刊ゲンダイ」編集局次長
●『老舗のいま』
「京都 本家尾張屋」
●「牧太郎の『隅田の風』」
川開きで賑わう両国
女中は「長寿庵」で腹ごしらえ
●『哲学者の蕎麦紀行』
森の水車の回る音
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦粉で「もう一品」』
ぬき実のムース
蕎麦つゆのジュレ添え
●『蕎麦の周辺』
「輪島塗」
●『ひと』 
◯中日本高速道路常務・吉川良一さん
◯京都「わたつね」店主・中塚博巳さん
●『蕎麦通のススメ』
金井政弘さん◎「蕎麦喰地蔵講」世話人代表
●『JRでいく蕎麦の旅』
「福井県」
●『蕎麦のある宿』
「ホテル玉之湯」(長野県・松本あさま温泉)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『日本の食を質す』
「自然有精卵」づくりに取り組む
タナカファーム◎田中元子さん
●特別レポート「堺の蕎麦」食べ歩記
蕎麦春秋 vol.5
2008/04/24 発売号
●特集『蕎麦を科学する』
・「品種改良で蕎麦はどこまで変わるのか」
信州大学教授/南峰夫(インタビュー)
・将軍献上品「寒晒し蕎麦」の解析結果
信州大学教授/井上直人
・「蕎麦茶の働き」最新知見
伊藤園中央研究所主事・薬学博士/細山広和
・「蕎麦の科学」をリードする「三賢人」
本誌編集長/四方洋
◯立川中央病院付属健康クリニック院長/田中照二さん
◯東洋水産第3研究開発部/安田俊隆さん
◯神戸学院大学教授/草野毅徳さん
●『匠の流儀』
101年目に入った老舗の名門
「長寿庵」 吉田博昭さん
◎岩崎信也/ノンフィクションライター・蕎麦研究家
「蕎麦聖」から学んだ蕎麦職人の生き方
「村屋東亭」 渡辺維新さん
◎四方洋/本誌編集長
●『蕎麦三景』
・生粉打ち亭「地獄そば」
・公望荘「武蔵野そば」
・近江家「あさり南蛮バター入り」
●『老舗のいま』特別編
一流老舗の主人が勢揃いする「蕎話会」
◎岩崎信也/ノンフィクションライター・蕎麦研究家(蕎話会世話人)
●『日本の食を質す』
年間50万人が来場する驚異の「農産物直売所」
広島県・世羅町の農産物直売所「甲山いきいき村」
代表理事村長◎橋川正治さん
●特別レポート「堺の蕎麦」食べ歩記
●『牧太郎の「隅田の風」』
江戸通りの隔たりを埋める「あさだ」の“そば前”
●『哲学者の蕎麦紀行』
「哲学者の蕎麦」を詣でる
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦の周辺』
「鰊(にしん)」
●新連載『蕎麦粉で「もう一品」』
帆立と文旦の蕎麦サラダ
●『ニッポンの「蕎麦人」』
女性で唯一の蕎麦打ち5段◎寺西恭子さん
●『ひと』
◯本むら庵荻窪本店主人・小張勝彦さん
◯かっぱ橋竹むら社長・竹村孔伸さん
●『蕎麦通のススメ』
「出雲そばりえ」事始め
田中隆一さん◎出雲そばりえ事務局
●『JRでいく蕎麦の旅』
「伊東線」
●『蕎麦のある宿』
「フィットリゾートクラブ」(山梨県・河口湖)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
蕎麦春秋 vol.4
2008/01/24 発売号
●特集『冬山の蕎麦』
・福島県/会津「磐梯山」
・東京都/八王子「高尾山」
・長野県/長野「戸隠山」
・鳥取県/大山「大山」
・対談「山と蕎麦を語る」
信州大学名誉教授・氏原暉男×蕎麦研究家・太野祺郎
●『匠の流儀』
「ちくま」横田秀和さん
◎岩崎信也/ノンフィクションライター・蕎麦研究家
「拓朗亭」矢田昌美さん
◎四方洋/本誌編集長
「越前そば道場」中山重成さん
◎四方洋/本誌編集長
●『ニッポンの「蕎麦人」』
栃木県知事◎福田富一さん
●『蕎麦三景』
・尾張屋「天ぷらそば」
・竹邑庵太郎敦盛「敦盛蕎麦」
・玄庵「そばがき鴨鍋」
●『日本の食を質す』
「鄙の山里にあった自給自足の原風景」
群馬県・藤原の民宿「吉野屋」主人◎吉野純一さん
●『牧太郎の「隅田の風」』
●『蕎麦打ちの極意』
「へぎ蕎麦」
●『哲学者の蕎麦紀行』
「猪口に人あり」
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦通のススメ』
「蕎麦の神様」からの一撃!
桜井真理子◎山形ビューティフルコミッション・ソバリエ
●『蕎麦本「書き手」が語る/近刊案内』
●『蕎麦の周辺』
「山葵(わさび)」
●『老舗のいま』
「虎ノ門砂場」(東京都港区虎ノ門)
●『JRでいく蕎麦の旅』
「水郡線」
●『蕎麦のある宿』
「ホテルニュー魚眠荘」(東京都台東区雷門)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『特別レポート』
九谷焼の郷「南加賀」
●ニュース/トピック
●ひと/蕎麦会
●高尾山「冬そばキャンペーン」クーポン/読者の声/編集後記/お知らせ
蕎麦春秋 vol.3
2007/10/24 発売号
●『特集 地域の「蕎麦力」』
長野県「信州・松本そば祭り」
青森県「津軽蕎麦」
滋賀県「竜王蕎麦」
兵庫県「出石皿蕎麦」
奈良県「蕎麦ブーム」に沸く奈良
●『匠の流儀』
「江戸蕎麦 ほそ川」細川貴志さん
◎ほしひかる/エッセイスト・ソバリエ認定委員
「山泉」荒川勝弥さん
◎岩崎信也/ノンフィクションライター
「夢境庵」本多茂信さん
◎IZUMI/フードコーディネーター・ライター

●『牧太郎の「隅田の風」』
●『蕎麦三景』
よし田「コロッケそば」
銀杏「冬杏そば」
時香忘「烏賊墨蕎麦」
●『ニッポンの「蕎麦人」』
谷垣禎一さん
(社)日本蕎麦協会会長/自民党政調会長
●『特別レポート』
「トヨタ白川郷自然学校」
●『哲学者の蕎麦紀行』
「祭囃子のない祭り」
◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦本「書き手」が語る/近刊案内』
●『蕎麦通のススメ』
「ソバリエ」という人の輪
前島敏正/江戸ソバリエ倶楽部事務局長
●『蕎麦の周辺』
「拉麺」ー旭川と京都の「ラーメン村」を訪ねてー
●『蕎麦どころ』
長野県木曽町
●老舗のいま
「美々卯」(大阪府大阪市中央区)
●『JRでいく蕎麦どころ』
「佐渡島」
●『蕎麦のある宿』
「かぎや旅館」(福島県・尾瀬檜枝岐温泉)
◎野添ちかこ/温泉と旅のライター
●『ニュース/トピックス』
●『ひと/蕎麦会』
●『日本の食を質す』
「コウノトリ育む農法」の広がり
農事組合法人 河谷営農組合長◎岡 治
蕎麦春秋 vol.2
2007/07/24 発売号
●『匠の流儀』
「手打蕎麦いちむら」市村明さん
◎渡辺克己/そば研究家
「横浜元町一茶庵」片倉英統さん
◎岩崎信也/ノンフィクションライター
「手打ち蕎麦美舟」船山美智子さん
◎IZUMI/フードコーディネーター・ライター
●『かわりダネ』
新橋本陣房「三色もり」
蕎麦 流石「そばがき餅・ひやかけそば」
蕎麦酒膳 くら嶋「そば湯氷のロック、発芽玄米ぎり」
●『牧太郎の「隅田の風」』
「闇風呂の後に、芸者衆は「福家」で花巻を食べた」
柳橋深川亭七代目文吉◎牧太郎
●『JRでいくそばどころ』
「東北新幹線で、盛岡へ。」
●『蕎麦のある宿』
「旅館 すぎもと」
◎野添ちかこ/温泉と宿のライター
●『老舗のいま』
「本家つる喜」(滋賀県大津市坂本)
●『哲学者のそば紀行』
「寡黙なメッセージ」
◎石川文康/哲学博士
●『ソバリエReport』
「江戸ソバリエ、サンフランシスコで蕎麦を打つ」
◎ほしひかる/エッセイスト・江戸ソバリエ認定委員
●『蕎麦の周辺』
「かまぼこ」−相模湾のサカナ、箱根の水−
●日本の食を質す
「山に放った牛が豊かな山をつくった」
旭川市斎藤牧場◎斎藤晶さん
●『蕎麦打ちの極意』
大久保裕弘(「富士街道そば打ち同好会」代表)のワンポイントレッスン
●『インフォメーション』
[ひと]
そば屋200店をスケッチしたデザイン会社社長−「伊嶋みのるさん」
脱サラネットワークづくり高崎市「おおの」−「大野誠一さん」
全校生にそば授業を実施する幌加内高校の校長−「尾形春夫さん」
●『私のおすすめそば店』
「元祖光前寺そば やまだ保翁」
北貢一さん(仏教研究家)おすすめ
「手打そば茶屋 九拾九坊」
原田富夫さん(アーバンベスト代表取締役)おすすめ
●『「東京」のそばどころ』
練馬区
蕎麦春秋 vol.1 2007/04/24
蕎麦春秋の目次
●『匠の流儀』
「蕎麦屋八兵衛」町塚延夫さん 
◎四方洋/本誌編集長
「布恒更科」伊島節さん 
◎岩崎信也/ノンフィクションライター
「和邑」發師浩一さん 
◎IZUMI/フードコーディネーター・ライター
●『JRでいくそばどころ』
「長野新幹線で、長野へ。」
●『老舗のいま』
「小堀屋別館」(千葉県香取市佐原)
●『蕎麦のある宿』
「御宿 竹取物語」 ◎野添ちかこ/温泉と宿のライター
●『蕎麦の周辺ーそば焼酎ー』
雲海酒造(宮崎県)を訪ねる
「照葉樹林の綾町に、お酒のテーマパークがあった」
●日本の食を質す「なぜボラを食べなくなったのか」
東京湾の漁師◎大野一敏さん
●『哲学者のそば紀行』
「そば庖丁か、長刀か」 ◎石川文康/哲学博士
●『蕎麦打ちの極意』
宮澤佳穂(「蕎麦の膳 たかさご」店主)のワンポイントレッスン 
●『INFORMATION]』[ひと]
農学博士がそば屋を開いたー「小西武彦さん」
日本そば博覧会の会場になる磐梯町ー「町長 五十嵐源市さん」
第10回国際ソバシンポの組織委員ー「稲澤敏行さん」
[全国そば関連情報]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 画像
蕎麦のテーターベースNO1 蕎麦春秋1号〜20号 sobalier-maejima(ソバリエ前島)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる