sobalier-maejima(ソバリエ前島)

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/16第76回蕎麦屋de819会は大森のもりいろで開催します

<<   作成日時 : 2015/08/26 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第76回蕎麦屋de819会は大森のもりいろで開催します。参加は20名募集します。もりいろは『ビブグルマン*』に選ばれた「一東庵」の兄弟弟子の店である。京急大森町駅から徒歩数分のところにあり、ひときわ目立つ黒壁がいい雰囲気を出している。20名募集します。皆様の参加をお待ちしています。

【会場】 もりいろ
【電話】  03-3761-6055
【日時】 9月16日 水曜日 18時30分〜
【予算】 3000円プラス蕎麦前
【住所】 東京都大田区大森西5-10-8
交通手段:京浜急行線 大森町駅 徒歩1分(大森町駅から120m)
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜20:30(ランチ営業、日曜営業)
定休日:月曜日

もりいろの記事はallaboutの記事参照ください
できればいいねを沢山お願いします
http://allabout.co.jp/gm/gc/457915/

出欠は下記調整君へご記入ください
https://chouseisan.com/s?h=b23909873a514c7d89a3b035647e44cc

●九月の季語 五句 (例句もご参照)

後ほどおしらせします

○投句は9/2 水曜日 午前中【厳守】にてトムさん宛にお願いします
○評価結果は9/9  水曜日午前中迄にトムさん宛に送信ください

当日一覧表にして当日会場で配布します。

投句5句の前には何も付けずに行間も空けずシンプルにお願いします
別ファイルにせずにそのままベタに書き込みで報告ください
(カット&ペストがしやすいようにお願いします)
1 地方紙の袋かぶさる葡萄かな 33 健哲
2 稲妻や泣く児のをらぬ過疎の村 22 途夢
3 抱き上げし幼子の指月つかむ 20 清華
4 蕎麦切りに相槌を打つ虫の声 15 宏久
5 こぼれ萩道祖神にも化粧して 13 芙芙
6 音も無し猫の瞳の稲光 13 かめ女
7 松虫や本の並びを替えてみる 13 芙芙
8 こぼれ萩たちまち風になりにけり 11 ひろ花
9 咲き満ちて袖摺り合うや萩の寺 11 春彦
10 理科室の解剖のやうにサンマくふ 11 敬一
11 木犀に酸素取られて野良あくび 10 茄子
12 葡萄食ぶ女盛りの集まりて 9 恵果
13 葡萄粒こぼれて猫の玩具かな 9 清子
14 過ぎ去りし日々は遥かに萩揺れる 9 敬一
15 もうあとにもどれぬ萩になりにけり 9 亀一
16 ふるさとは風やはらかく萩の道 9 蕎子
17 秋霖や旅行約款熟読す 9 途夢
18 稲妻や一閃龍のいたやうな 8 宏久
19 萩の花音叉使ひしチューニング 7 悦花
20 白き指葡萄くまなく撫でにけり 6 途夢
21 葡萄食む夢をはぐくむやうに食む 5 亀一
22 共犯になりし気分よ黒葡萄 5 恵果
23 龍眼寺溶けるみくじやこぼれ萩 5 登喜子
24 秒針は近く遠くに稲光 5 恵果
25 妹と蒲団被って稲びかり 5 茄子
26 立食いそば背中丸めて秋の蝉 5 登喜子
27 真ん中の小さき影や星月夜 5 ひろ花
28 放列のまなざし秋の蝶にゆれ 5 亀一
29 人差し指より長き薬指ぶだう剥く 悦花
30 鯉跳ねて古池の淵の萩落ちる 島兎
31 決心をうながすやうに稲光 清子
32 稲妻に施錠解かれて恋わずらい 芙芙
33 蕎麦の花ベリーダンスのやうに咲く 亀一
34 紅葉山一人占めなり野天風呂 健哲
35 ふるさとの葡萄の味に母想う 敬一
36 いなびかり戸口の少女眼は丸く 登喜子
37 新蕎麦を挽く石臼のゆっくりと 健哲
38 秋雨に降り込められて一人酒 春彦
39 お茶よりも葡萄を先に出されたる 恵果
40 一房を摘み残しおく黒葡萄 島兎
41 野の仏萩の中に埋もれおり 健哲
42 いなびかり夜の帳の動きけり 蕎子
43 告白のくちびるまろし稲光 悦花
44 伊那谷の道たえてより走り蕎麦 蕎子
45 宿酔の眇(すが)めど眩し蕎麦の花 途夢
46 葡萄持てふるさとの顔見せる友 かめ女
47 デラウエア摘みし指のせわしなさ 登喜子
48 ジグソーの富士はめ込みて葡萄棚 ひろ花
49 小さき房毎年見遣るぶだう棚 宏久
50 指定日に完熟葡萄届きをり 直人
51 慰めの言葉ぽつりとこぼれ萩 清華
52 萩に荻違いを問うた君が頬 かめ女
53 花未だも萩トンネルのうすみどり 宏久
54 人影の絶えて箱根の萩しぐれ 途夢
55 海見える寺の鈍色いなびかり ひろ花
56 大いなる地球の鼓動稲光 健哲
57 稲妻に下駄の緒切られ足取らる 直人
58 稲妻がピカリしゃあない寄ってこか 敬一
59 新蕎麦を打つ友待つ間の猪口選び 芙芙
60 川越に白く咲きたる蕎麦の花 麻幹
61 山に入り秋を楽しみ我見つめ 麻幹
62 残り蚊よおぬし子孫を残す気か 宏久
63 秋空や横断幕のありがたう 悦花
64 うきことを野に忘れ蛇穴に入る 蕎子
65 長雨の止みて夕暮れ鱗雲 清子
66 口吸いていたりきたりの葡萄かな 俳蘭人
67 ぶどう食む酸いも甘いも噛み分けて 清華
68 ぶどう園日帰り甲斐路バスと行く 麻幹
69 礼拝に友を誘いしぶだうの樹 茄子
70 マスカット名花のようにながめおり 芙芙
71 まひるまの銀座のバーへ葡萄かな 悦花
72 木漏れ日に紫深き黒葡萄 島兎
73 多結晶ビッシリ重き黒葡萄 春彦
74 ゆるやかに山なみ白み葡萄郷 蕎子
75 夜業後の体に染みる葡萄かな 恵果
76 毛氈に萩のこぼれし懐古園 島兎
77 萩の束干されて散りて手箒に 直人
78 段葛(だんかずら)蕎麦屋の甘味萩愛でて 茄子
79 幽玄境萩トンネルに誘はれ     清子
80 揺れながら萩のトンネル手をつなぎ 俳蘭人
81 向島芸妓のかんざし萩の花 麻幹
82 瀬が呼ぶか稲妻走り橋の下 春彦
83 黒雲を従え乱舞いなびかり 清華
84 いつまでも傍へのひとと稲光 亀一
85 稲妻を鋸の歯のように描く 麻幹
86 稲妻の取り持つ縁や宮戸川 俳蘭人
87 晴天に蒼い閃光日雷 島兎
88 碁勉強啜る笑顔や蕎麦旨し 直人
89 身に入むや蕎麦の作柄フォト便り 清子
90 蕎麦を打つ師匠の手元さわやかに 清華
91 蕎麦打つあなた横顔の吾亦紅 かめ女
92 新蕎麦や黒いつゆにももう慣れて 敬一
93 使徒たちよいっぱい恋来い蕎麦のはな 茄子
94 山裾の露にほひけり蕎麦畑 ひろ花
95 一面の赤そばの花燃え盛る 俳蘭人
96 赤足に無事あれかしや野分来る 春彦
97 送り火を仕舞いためらう軒の下 直人
98 年一度ただちゃ豆の冷やし麺 俳蘭人
99 秋アマ鯛皮せんべいに舌鼓 かめ女
100 コスモスや暮れて明日は遠きかな 登喜子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 画像
9/16第76回蕎麦屋de819会は大森のもりいろで開催します sobalier-maejima(ソバリエ前島)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる